乱立するバーコード決済、メルペイ/ファミペイ/7payの比較

関連記事

バーコード決済をリリースすることによる収益性が高いことは疑う余地もないですが、こうも次々となんとかペイが出てくるとゲンナリしますね。

個人的にはバーコード決済の優先度はOrigami Pay楽天ペイPayPayの順番に使用しています。

特にキャンペーンなどがなければ利用金額の2%が還元されるOrigamiが一番優れていると言えるでしょう。

もちろんOrigami Payと楽天ペイはKyashリアルカードを紐づけて使っています。

さて、この記事では増え続けるなんとかペイの雑感をまとめていきます。

メルペイ

メルペイ

クレジットカードチャージが使えないので論外。

年間利用額により還元率が増える日本盲導犬協会カードがメインカードなので選択肢に入りません。

7pay

7pay

ガバガバセキュリティと不正利用が話題になっていますが、それを度外視したとしてもセブンイレブンでしか使えないもののためにわざわざアプリを入れたくありません。

セブンイレブン自体は比較的よく使いますが、Kyashリアルカードを紐づけたQUICPay決済で十分でしょう。

ファミペイ

ファミペイ

チャージ元にクレジットカード(ファミマTカード)と記載があったのですが、一応Kyashリアルカードの登録を試したところ登録できませんでした。

ファミマTカードも所有してはいるのですが、メルペイと同じ理由で却下です。

オートチャージも3,000円からしか設定できないと言う不便さ。

クーポンなど従来のファミマアプリの代替機能も付いているのですが、Yahoo! JAPANアカウントによるログインができなくなっているのも不便です。

個人的にはどれもイマイチ

クレジットカードチャージができないのは論外として、チャージ可能なクレジットカードを制限しているファミペイもかなりダメ仕様だと思います。

バーコード決済のためにクレジットカードをわざわざ発行する人がどれだけいると思っているのでしょうか。

Origami Payが天下を取ってこの不毛ななんとかペイ戦争を終結させてくれることを祈っていますが不可能でしょうねぇ。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL