楽天カード付属の楽天Edyよりもおサイフケータイ版の方が高還元率

関連記事

おサイフケータイ 楽天Edy
楽天カードにはEdy機能が付属していますが、正直楽天カードはEdyのチャージには不向きです。

楽天カードを含めた楽天Edyの利用手段ごとのメリット・デメリットをまとめてみました。

楽天カード付属Edy

メリット

  • オートチャージで毎日ポイントがもらえるEveryday Edyと言うキャンペーンが毎月行われている
  • おサイフケータイやパソリがなくてもオートチャージが可能

デメリット

  • チャージするクレジットカードに楽天カード以外を選択することができない為、チャージのポイントが0.5%しか貯まらない
  • ポイント還元をEdyでしか受け取れない
  • オートチャージ対応店舗でしかオートチャージが出来ない

おサイフケータイEdy

メリット

  • 楽天カード以外からのクレジットカードチャージが可能
  • 還元されるポイントをPontaポイントやANAマイルなどから選択可能
  • アプリ側でオートチャージをするので、店舗に依存せずにオートチャージが可能

デメリット

  • Androidなどおサイフケータイ対応機種が必要

楽天Edy機能単体のカード(クレジットカードなし)+パソリ+Edyビューアー

メリット

  • Androidを持っていなくても、楽天カード以外からのクレジットカードチャージが可能

デメリット

  • パソコン+Edyビューアー+パソリが必要で面倒
  • 還元されるポイントの選択は出来ない

総評

おサイフケータイ版が総合的に優秀

電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 | 楽天Edyをはじめる | おサイフケータイの使い方

Android限定となりますが、おサイフケータイのEdyが一番使い勝手がいいです。

リクルートカードでチャージすることでPontaポイントが1.2%貯められて、さらに200円の買い物ごとに0.5%のPontaポイントが受け取れるので、リクルートカードをそのまま使うよりも還元率が高くなります。

一定の残高を下回った時にオートチャージをする設定も可能で、手動でも簡単にチャージが出来るので、レジに並んでいる間にチャージしておくことも可能。

オートチャージは『特定の金額以下になった時点でチャージされる』と言う動作になるので、『オートチャージ対応店舗での購入時に特定の金額を下回っていたらチャージされる』楽天カード付属Edyよりも動作が優れています。

楽天カード付属Edyは手軽

楽天カード付属EdyはWEBからチャージやオートチャージ設定が出来て使い勝手は申し分ないのですが、いかんせんEvery day Edyなどのキャンペーンなしではチャージと支払いでの合計還元率が1%

支払い時のポイントは200円ごとに0.5%の還元なので、200円未満の支払いでは楽天カード単品で支払いをする場合よりも還元率が低くなります。

オートチャージ対応店舗で買い物をした時にしかオートチャージができない(事前にチャージされない)のも大きなデメリット。

パソリ+通常Edyは面倒

いちいちパソコンにパソリを繋いでInternet Explorerを立ち上げないといけません。

手順もかなり面倒ですし、一度に大量にチャージすると言う本末転倒な使い方になりがち。

おサイフケータイ版が最優秀

総合的におサイフケータイ版の優秀さが際立ちますが、残念ながらリクルートカードの破格の還元率がこのまま維持されるとは考えづらいです。

楽天Edy自体がリクルートカードと併用した時の還元率でようやくdカード付属iDとの差別化が出来ているようなものなので、リクルートカードのポイント還元率が改悪されたら利用価値はなくなります。

追記: リクルートカードのチャージ金額の上限が改悪されました。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL