スマホ売買サイト『ムスビー』を使うべきでない理由

関連記事

存在しない方がマシな仲介業者『ムスビー』

ムスビー

どうも2010年代の後半あたりから日本のサービス業のレベルがちょっと心配になるレベルまで下がっていると感じることが増えました。

「それは顧客じゃなくてサービス提供側の仕事でしょ?」と言いたくなることを顧客側に投げられることが明らかに増えたと感じています。

佐川急便のように元々クソで更にクソさに磨きをかけていくような企業もありますが。

そんな中、中古スマホの販売を仲介するサイト『ムスビー』でまたしても信じられないような対応を受けました。

記載と異なる商品が届いたにも関わらず取引を強制終了された

ムスビー 質問

ムスビーは荷物の受取完了から3日経つと強制的にステータスを『受取完了』に変更するようで、以下のような対応をされました。

  • 届いた商品が記載と異なっていたため、業者に『売り手への質問』から連絡
  • ムスビー側で問い合わせが処理されておらず、業者からの連絡がないまま3日が経過、荷物『受取完了』として取引を終了

確認不足の業者が一番悪いのは間違いないのですが、ムスビーの対応もさすがにありえないと思います。

業者から仲介料金を受け取っているだろうに、このような機械的かつ右から左のサポートでは存在する意味がありません。

ちなみに連絡が取れた後の業者自体の対応は早かったので不幸中の幸いでした。

口コミを見る限りでは業者自体も最悪、と言うケースも少なくないので。

ムスビーは悪い口コミ多数、使う場合は覚悟の上で

ムスビーの口コミ・評判 | みん評

まぁ同じような経験をした方は多いもので、口コミサイト『みん評』では以下のような投稿が非常に目立ちます。

  • 不良品を掴まされた(リンゴループ、画面焼け、バッテリー切れetc)
  • 新品と記載されていたが中古品
  • ネットワーク制限にかかったが、赤ロム保証に関してムスビー自体は関与しない
  • ムスビー事務局の対応が遅い、牛歩

信頼性に問題のある顧客でも取引を仲介し、ムスビーが間に入ることでむしろ問題解決に時間がかかるので存在価値がありません。

通販においてもほぼコンディション記載通りの品物が届くじゃんぱらがいかに素晴らしいか再確認しました。

中古の白ロムやHuaweiのスマホが意外に安く買えるじゃんぱら

当然ムスビーは即座に退会、今後の人生で二度と使うことはないでしょう。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL