Amazon Primeビデオが動画配信サービス(VOD)で最強だと思う理由

関連記事

Primeビデオ

U-NEXT、hulu、dTV、NetFlixとメジャーなVOD全ての有料プランを渡り歩いて来ましたが、結論から言うと結局はPrimeビデオが総合的におすすめです。

Amazonプライムは年間契約だと月額わずか408円。

画像なら容量無制限のAmazon Driveに、話題作の掘り出し物が多いPrime Readingに加えてPrimeビデオと配送料無料サービスが付くので、費用に対してのコンテンツの多さでは他のサブスクリプションサービスを圧倒しています。

携帯3キャリアの謎オプション『WEB使用料』と同額なのは全く腑に落ちないですね。

プライム・ビデオだけでも元が取れる配信内容

dTVや(税込み540円)やNetflix(SD画質・税込み702円)などと比較しても圧倒的なコストパフォーマンス。

単純に本数で言うと当然dTVなどには負けていますが、カラオケ動画や動画化したマンガなどで水増ししているdTVに比べると、「観たくなる」映画の数では負けていないと個人的に思います。

まだ配信数は少ないものの、この月額料金で4K動画を配信しているのもすごい。

他のVODサービスに加入している人はウォッチリストの作品がPrimeビデオにも配信されていないかチェックして、Primeビデオ未配信の作品があるようならそちらの視聴を終え次第移行することをおすすめします。

Primeビデオの次点候補

正直Primeビデオ以外の月額設定は一般的なサラリーマンの視聴可能時間を考えると元を取るのが困難なレベルだと思います。

配信内容に魅力を感じた場合でも無料期間で目当ての作品の視聴を終えてしまうのが得策と言えます。

Netflix

Netflix バナー 320*200

世界最大規模のVODサービス。

画質によって3段階に分かれているプランが特徴で、SD画質なら税抜き800円(税込み880円)と比較的低価格でサービスを受けられます。

資金力が段違いなのでオリジナルドラマ・映画の配信が非常に多いのが特徴。

配信作品もいわゆる映画好きのツボをついた評判作品が多く、さすがは最大手と言った感じです。

作品にもよりますが、邦画の日本語字幕が用意されているのも特徴で、滑舌が悪い俳優の作品でも安心して観られます。

Primeビデオに比べてもおすすめかと言われるとそうでもないのですが、あえて他のVODに加入するなら一番おすすめと言えるでしょう。

スマホ視聴がメインならSD画質のプランで十分です。

hulu

月額税抜き933円(税込み1,026円)で無料期間は2週間。

huluの最大の特徴は邦画や日本のドラマ、特に昭和の作品や特撮にやたら強いところです。

シン・ゴジラの上映を記念してゴジラシリーズ全作品を配信していたのを始め、仮面ライダーやウルトラマン、戦隊ものなどはほぼ全作品をカバー。

細田守監督作品など人気のアニメ監督の作品も充実しています。

1,026円で画質はHD固定と言うシンプルなプランも選択しやすく、日本人なら魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

以上のように配信内容はなかなか魅力的ですが、TSUTAYAの旧作換算で言うと月に10本以上の映画を観ないと元が取れないので、無料期間を過ぎての契約更新はあまりおすすめできません。

dTV

月額540円と言う低価格が魅力のVODです。

新作が有料で観られるPOV配信も行っていますが、POVは単価が高いのが難点。

ミュージシャンのPVやライブ映像、カラオケ、音声つきのマンガ配信など手広いジャンルを扱っていますが、器用貧乏に感じられてしまうのが正直なところ。

実写版『銀魂』のオリジナルドラマを配信していましたが、Netflixと比べると予算が圧倒的に少ないことが見て取れる内容でした。

時間帯によって画質が荒くなることがあるのも難点ですね。

低価格なので選択肢に入れやすいですが、目当ての作品があったにしても無料期間内での利用をおすすめします。

U-NEXT

月額税抜き1,990円(税込み2,189円)と言う高額な月額が特徴のVODサービス。

映画館のチケット代や新作の視聴に使える1,200ポイントが毎月もらえるから実質989円で考えるべきだ、と言う詭弁でアフィリエイトを踏ませようとするサイトが散見されますが、1,200円分のポイント配信をやめて税込み989円にした方が確実におすすめできるサービスになる、と言いたいところですね。

作品ラインナップは良好で新作映画の配信も早く、画質も良好。

雑誌読み放題サービスもあり、おまけにアダルト動画も充実とサービス自体はいいのですが、この1,200ポイントの余計なお世話によっておすすめしづらいサービスになっています。

提携している配給会社にSMTが含まれているのでポイントで映画鑑賞をすることも可能ですが、MVNO(格安SIM)の3GBプランより高いと言う値段設定はちょっと理解できません。

社会人には特におすすめできないサービスの一つです。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL