ネット申し込みができる保険会社メディケア生命/FWD富士生命/チューリッヒ生命の比較

関連記事

ネット契約可を絶対条件で3社を比較

FWD富士生命

あまり詳しく調べていないので比較と言うか感想に近いです。

個人的に分厚い契約書や対面販売、書類の記入などは面倒なので、ネット契約ができることを必須条件にし、かつWEBサイトの作りがマトモな上記3社での比較としました。

オリックス生命は解約払戻金ありの『終身保険ライズ』が人気だが今回はパス

『終身保険ライズ』の解約払戻金の利率の高さが人気のオリックス生命ですが、保険金額が200万円など安い設定だとFWD富士生命とほとんど変わらず、郵送申込みしかできないので今回は候補から外しました。

WEBページの作りが致命的にダサいのもマイナスポイントですね。

メディケア生命/FWD富士生命/チューリッヒ生命のざっくりとした比較

がん保険や医療保険の細かい内容は「ほとんど同じだろう」と素人考えにより見ていません。

年齢と性別は30歳男性を選択し、オプションは全て非選択。

チューリッヒ生命の場合は非喫煙者かつ血圧が上120以下/下60以上の『非喫煙優良体型』に設定しています。

保険会社 メディケア生命 FWD富士生命
チューリッヒ生命
医療保険最低月額 1,260円(終身)/入院日額5,000円 1,100円(終身)/入院日額5,000円
840円(終身)/入院日額5,000円
がん保険(特定疾病保険)最低月額 1,215円(終身)/診断給付金50万円 1,202円(終身)/診断給付金50万円
790円(終身)/月額10万円
死亡保険最低月額 613円(10年)/500万円 4,566円(60歳)200万円
1,050円(10年)/1,000万円
解約払戻金 なし あり(106.1%) なし

月額支払い金額はチューリッヒ生命が一番安い

チューリッヒ生命

死亡保険の解約払戻金なしのものは金額の差を考えるとメディケア生命にチューリッヒ生命が勝ります。

喫煙や血圧は死亡保険にしか影響がなく、医療保険とがん保険の金額も優秀なので、解約払戻金が要らない場合はチューリッヒ生命は有力でしょう。

外資企業と言うことに不安がある方はメディケア生命を選択することになると思います。

FWD富士生命は解約払い戻し金がまずまず優秀

最低金額の200万円で106.1%、最高金額の1,500万円で107%とそこそこ優秀な数字です。

対面販売ならもっと払い戻し率の高い保険があるかもしれませんが、ネットで申し込めるメリットを重視するならとりあえず納得していい数字かと。

保険料の支払いがあると年末調整時に節税ができるので、月額ばかりを気にする必要もないかな、と思います。

また、解約払戻金は定期預金として考えると悪くない金利なので、個人的にはFWD富士生命を推したいですね。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL