引っ越しの際に知っておきたい不動産賃貸業者の事情

関連記事

不動産賃貸業者のポジショントークには注意

不動産賃貸業者イメージ

不動産賃貸業は売買に比べると景気が良くないので、巧みな営業トークに勧められるまま物件を決めることがないように、最低限の知識は付けておきたいものです。

幸い管理人は不動産賃貸業者と関わる機会があったので、引っ越しの際にそこでの知識が役に立ちました。

これから賃貸物件を探す人には流し読みでもいいので読んでおいてほしい内容です。

基本的に物件はどの業者でも共通で仲介できる

業者は他業者に仲介してもらうために全物件を専門サイトに登録する

REINS(レインズ)ATBBと言う賃貸不動産業者専用のサイトがあります。

不動産賃貸業を営む業者は例外なくこれらのサイトに自社物件の情報を登録しますが、これらのサイトは他業者も閲覧可能なので、他所の業者に来たお客さんを紹介することも多々あります。

他所の不動産業者に自社の物件を紹介してもらうことを『客付け』と言いますが、客付けの場合でも両者が半分ずつ仲介手数料を貰うことができるので、自社だけで集客をしなくてもいいのです。

したがって「取り扱い物件地域No.1」などの看板はほとんど意味をなしません。

『取り扱い物件』の定義は知り合い程度の意味合い

大家に電話して「弊社で物件の掲載を行いたいのですが、FAXかメールで詳細をいただけないでしょうか?」と言って情報を入手すればもう取り扱い物件です。

なので大勢の業者が同一の物件を掲載するようになります。

完全な専任物件はほとんど存在しない

『弊社のみの独自物件多数!』のような謳い文句の業者がありますが、ほとんどの場合は誇大広告です。

『専属専任媒介契約』と言う特別な契約がある場合は単一の業者のみが仲介を行えることになりますが、大家にとってはそれ程メリットがないので現在はあまり見かけません。

礼金は大家だけではなく業者ももらう

不動産賃貸業の『仲介手数料』は家賃の1ヶ月分が限度なのですが、それだけでは厳しい業者が多いのが実情。

と言うことで礼金のうち半分程度は不動産業者が『広告料』として受け取ることがほとんどです。

「礼金の交渉をしますよ」などと言ってくる営業は、自社が受け取る分の礼金を削って仲介手数料を取りに行くことに対するパフォーマンスであることが多いでしょう。

「私のために交渉して礼金を安くしてくれた!」などと安易に思い込まないように気をつけて下さい。

純粋な家賃交渉や、初期費用を抑えるために家賃の一部を管理費として分ける(敷金と礼金が安くなる)などの交渉であれば信頼できる業者と言えます。

事情を隠さずに仲介をしてくれる不動産屋

むすびや不動産(結屋不動産)

ホームズやSUUMOなどの不動産ポータルサイトに登録しておらず、口コミのみで営業をしている不動産業者です。

上記の事情のほとんど(全てではありませんが)をHPに記載していますね。

営業力が強いチェーンの不動産業者に行くくらいなら、むすびや不動産の方が信用出来ると思うので、都内近郊の方はどうぞ。

知人はなかなか満足のいく物件を見つけてもらったようです。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL