使い道のない無印良品、ニトリ、TENMAなどの吊り下げ収納

関連記事

吊り下げ収納
なんとなく便利そうに見えてしまう布製の吊り下げ収納シリーズ。

何度買っても使い道がないことに気づいて捨てちゃうんですが、定期的に魅力的に見えてくるので困ったものです。

ちなみに価格と質感のバランスはTENMAのプロフィックスのものが一番マシだと思います。

ニトリの白ベースのものは見た目がかなり安っぽく、無印良品のものは例によって割高。

奥行きがありすぎ問題

吊るタイプの収納に求めるものって省スペース性だと思うんですよね。

奥行きが40cmもあるとかなり設置場所が限定される上に、見た目がうるさくてまとまりがなくなります。

ハンガーラックに吊り下げる使用例が挙げられていたりしますが、ハンガーラックはシャツやジャケットをかけて省スペース性を活かすべきでしょう。

吊り下げ収納に適したサイズ・重さの物はなかなかない

吊り下げ収納はあまり耐荷重がないので、靴下、ネクタイ、シャツ、帽子、下着、タオルあたりを収納するべきなのでしょうが、別に吊るす必要はないですよね。

吊り下げ収納を使わずに済む収納方法を考えるべき

シンプルライフ指向からの目線ではありますが、壁際やらハンガーラックやらに吊り収納を引っ掛けて雑多に物を詰め込むよりも、物を減らすことを考えるべきではないでしょうか。

よく言われることではありますが、収納スペースを増やすことも物が増えることなので。

やはり収納付きスツールのように収納以外の使い道もあるものをメインに考えるのがおすすめです。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL