WordPressのクラシック投稿での便利なショートカットキーおすすめ5選

関連記事

WordPress5系より新しいブロック形式のエディターが導入されましたが、これを便利と思って使っている人はほとんどいないのではないでしょうか。

管理人はブロックを挿入する煩わしさに加え、以前のWordPressから使用できたショートカットキーが使えなくなるのが嫌で、ほとんど使っていません。

この記事ではクラシック(従来のWordPressエディター)で使用できる便利なショートカットキーを紹介します。

/(スラッシュ)/ブロックの追加

WordPress クラシックエディター 開始

記事本文にフォーカスを合わせたらまずはスラッシュ。

上下カーソルキーで『クラシック』を選択し、クラシック投稿の開始。

もはやこの一連の流れは基本ですね。

Ctrlなどの修飾キーを伴わないショートカットキーなので、日本語入力がオフの状態でないと入力できません。

Alt+Shift+2/見出し2に変換

WordPress ショートカットキー ヘッダータグ

Alt+Shift+数字キーでそれぞれ数字キーに対応したヘッダータグに変更ができます。

Alt+Shift+2なら見出し2(h2)、Alt+Shift+3なら見出し3(h3)です。

Ctrl+K(Alt+Shift+A)/リンクの挿入

WordPress ショートカットキー リンク挿入

単にショートカットキーを入力するとその場でのリンク挿入、文字列を選択してショートカットキーを入力すると選択した文字列に対してのリンク挿入になります。

管理人はChrome拡張機能cVimを使っているのでCtrl+Kはカーソルの上移動に割り当てられているため使えませんが、Alt+Shift+Aは問題なく使えます。

Alt+Shift+M/メディアの挿入

画像をその場に挿入します。

クラシックエディターの場合、画像を挿入すると一番上にスクロールしてしまうと言うバグがずっと残っていますが、それを差し引いても画像ブロック機能を使うよりは素早く画像の挿入ができると思います。

Ctrl+B/文字を太字にする

ExcelやWordなどでもおなじみのショートカットキーですね。

なおこちらのショートカットキーもcVimではカーソルの後ろ移動に割り当てられるため使えません。

カーソル移動の方が明らかに使用頻度が高いので構わないのですが、たまに使いたくなります。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL