WordPress5.3のクラシックブロックで『見出し』が隠れて見えなくなるので対処

関連記事

不便なブロックエディタのアップデートでクラシックブロックがとばっちり

WordPress5.3 クラシックブロック 見出し 見切れ 01

WordPress5.3がリリースされたので特に何も考えずにアップデートしたところ問題が発生。

クラシックブロックで記事を書いている時にある程度スクロールすると、ブロック設定用のツールバーが『段落/見出し』を切り替えるセレクトボックスに被って見切れるようになりました。

もうこの使い物にならないゴミカス機能削除しろや。

拡張機能Stylusを使ってCSSで消したろうかと思いましたが、設定で場所を移動することができました。

設定変更でツールバーの位置を変更して対処

WordPress5.3 クラシックブロック 見出し 見切れ 02

  • 右上の点3つのアイコンをクリック
  • 『ブロック・文書ツールを同じ場所にまとめる』をクリック

WordPress5.3 クラシックブロック 見出し 見切れ 03

見切れが解消されました。

ショートカットキーを駆使して投稿した方が明らかにブロックエディタを使うより早いと思うのですが、このクソ機能のメンテはいつまで続くのでしょうか。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL