映画『トラペジウム』感想 刺さる人には大傑作

関連記事

トラペジウム ネタバレなし感想

https://trapezium-movie.com/

映画トラペジウムがあまりにも刺さったので記事にしました。

元アイドルの方が原作と言うこと以上の予備知識なし、何の期待もせずに観に行ったのですが、

完全に打ちのめされて現時点での2024年の個人映画ランキングで1位です。

映画自体は好き好みが分かれる作りと言うかキャラ造形で、

プロット自体もアイドルアニメとしては相当変化球なので鑑賞予定のある人はあまり予備知識を仕入れずに観に行った方が楽しめるとは思います。

テンポの良さ、アイドルアニメならではの高揚感

上映時間94分とコンパクトな尺ですが、このくらいの上映時間の映画でも間延びしている映画が結構ある中でかなりテンポよくまとまっていると思います。

お使いに感じられるパートやちょっと(かなり)重苦しくなるような場面でも的確な画面切り替えと編集によってダレない。

東西南北がアイドルとしての頭角を現していく過程はこの手のアイドルアニメ特有のワクワク感・高揚感がちゃんとある一方で、

人間のエゴ、底意はわりと容赦なく描いてきて観客にダメージを与えてくると言う、かなりの2面性を持った映画でもあり。

キービジュアルからアイドルアニメ要素を期待して観に行くと戸惑う人もいるとは思います。

個人的には近年アイドルアニメの優しい世界ではありえない容赦のない描写に『人間模様を描いたデキのいい邦画を観た時』に感じる「いい意味で画面から目を逸らしたくなる」感覚を覚えて、

まさかアイドルアニメ映画でこんな感覚を味わうことになるとは思わなかったので大変新鮮でした。

それでいて最後は前向きな気持ちになれるので、まるで大傑作邦画『何者』の鑑賞後感のよう。

トラペジウムのレビューなので詳しくは触れませんが、『何者』はトラペジウムが刺さった人なら刺さると思います。

舞台は芸能界・アイドルながら普遍的なメッセージ

自分が凡人であることを理解しつつ夢のために手段を選ばず、

その過程で軋轢を生みながらも、周囲の理解から自己肯定感を取り戻していく過程など、

フォーマットがアイドルでなくても成り立つ映画なんですよね。

大傑作邦画『何者』が就活が舞台でなくても成り立つ内容であるように。

ただ映像的なカタルシス、東ゆうの動機付けを強めると言う点でアイドルと言う要素を選んだのはすごく効果的に機能していると思います。

トラペジウムのネタバレあり感想

東ゆうと言うキャラクター

何と言っても東ゆうのキャラ、造形のバランスがすごくいい。

オーディションに全部落ちたことで自分のスペックが高くないことを理解しつつ、

それでも諦めきれない夢に向けて綿密な計画を練って実現する行動力。

ちゃんとしたメイクをすると化けるルックス。

アニメ作品ながらこのルックスの変化は結構意識的に描かれていたと思います。

周囲を省みないところが多分にありつつも、完全に自分本位な人間ではなく反省もできるし、ボランティア参加時や文化祭のくだりで最低限の空気は読めるところを見せていましたね。

文化祭ではコドモオオトカゲのライブ参加を強行するのではないかと観ていてちょっと不安になりました。

余談ですが、コドモドラゴンと言うバンドが実在する

画面にチラっと映るだけですが、くるみを籠絡するためだけにちゃんとC言語と機械工作の予習をするのもアイドルに対する本気度・マジメさがさり気なく伺えてすごくいい演出だと思いました。

トラペジウム=東ゆうと言っても過言ではないので、

彼女を受け入れられるか、感情移入できるかどうかがこの映画の評価の分かれ目だと思います。

10代でここまで自分の間違いを全面的に認められる人間なんてそうはいないと思うのですが、そこはまぁ短時間で終わらせないと映画として成立しなくなってしまうので…。

東ゆう自身も覚えていなかった過去の善行が結果的に亀井美嘉との縁をつなぎ、少し自尊心を取り戻すことにも繋がっていくと言う善因善果と言うか因果応報と言うか、ある種寓話的なプロットも素直に感動できました。

普遍的ながら意外にないメッセージ

「良いところも悪いところもあるのが人間なんだからいいところを伸ばしていこう」と言う、

すごく平凡ながら意外とストレートにこう言うオチに帰結する作品も観ないので、その素朴さもすごくいい。

「そう言うところも、そうじゃないところもあるよ、ゆうには」

完全に余談ですが、個人的に平成アニメ・ゲームの残り香を強く感じるキャラデザが親しみやすかったのも○。

  • 東ゆう→戦姫絶唱シンフォギアGXのガリィ(狂気表情差分含む)
  • 大河くるみ→ラブライブ!の南ことり
  • 華鳥蘭子→FF7のエアリス
  • 亀井美嘉→『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』の新垣あやせ

シンジくんがいいヤツ

2回観て思いましたが、工藤真司くんはゆうのことが好きだったんじゃないかな。

「女子高生の制服が好き」とか最悪にキモい言い訳をしてたけど、初めて会った時にガン見してたのは一目惚れだった気がします。

文化祭の『10年後の私』を隠し撮りする時も完全にゆうにフォーカスが合ってるんですよね。

『最後のデート』の時の「会えなくて寂しくなる」も本心からの言葉だけど、

アイドルを目指す彼女にとって交際なんてあってはならないことだから心の内に秘めて身を引いた、と言うように解釈しました。

原作は未読なのでこの考察は的外れな可能性もありますが、

少なくとも映画を観た限りではそのように受けとったので「奥ゆかしくていい男だなー」と感心しました。

気になった点もなくはない

このレビューを描いていて思ったのですが、

ゆうがアイドルを目指すモチベーションが作品中でハッキリと分かる形で描かれていないのでそこでノレない人は結構いそうだな、と思いました。

OP曲が流れている時の映像で幼少期の東ゆうがテレビでアイドルを観ている様子が出てくるくらいですかね。

ただしこれに関しても映されるアイドルがすごく『成長した東ゆう』っぽいし、

暗い部屋で子供一人がテレビを占拠していると言うのも現実味がないのでイメージ映像かもしれません。

冒頭の心音は『初めてアイドルを見た時に感じた胸の高鳴り・鼓動』かと思いましたが、よく見るとステージ上からの景色っぽいので以下のどちらかでしょうか。

  • 女子高生東ゆうがヘッドフォンをしながら妄想している景色
  • 10年後の東ゆうがステージで見た景色→そこから時系列を遡って高校時代への回想に入っていく

いずれにせよ、もう少し東ゆうが初めてアイドルを見た時の描写を入れても良かったかな。

ついでに言うと最後の最後に完成する楽曲が正直劇中の他の楽曲にメロディーのキャッチーさで完全に負けている(と思う)と言うのもちょっと気になりました。

気になる点がなくはないものの、加点方式で行けばものすごく高得点を叩き出している作品なので問題なし。

各種レビューサイトの平均点は低めと言うか平均的ですが、結構この手の賛否が分かれる映画の方が心に残る作品が多い、と言う人もいるのではないでしょうか。

逆に全くダメだった、と言うこともあるでしょうけど。

https://www.youtube.com/watch?v=IyPTkl6opBo

こんな素敵な映画ないよ!!

『アニメ映画 トラペジウム』を読んで補完できたこと

角川つばさ文庫から出ている映画版を元にラノベ化された小説が『アニメ映画 トラペジウム』です。

アニメ映画 トラペジウム

基本的に映画とほぼ同じプロット。

文章は子供向けとは言えやや雑で、なんかちょっと引っかかる造語っぽい日本語もありますが、

心理描写が足されていたり、映画だと聞き取りづらかったセリフなどが分かるので買って損はなし。

以下のセリフは自分には聞き取れなかったので助かりました。

  • くるみが楽屋で暴れるシーン
  • その後の激昂するゆうに美嘉が言うセリフ

美嘉のセリフは「じ、地獄の…」から始まるように聞こえたんですが、

いくらアイドルお化けのゆう相手とは言え地獄には例えないだろう、と思ってたので小説版で文字起こしされててセリフが分かってスッキリしました。

AC6の『歩く地獄』ミシガン総長じゃないんだから。

  • ゆうが久々の登校後に「なんで、あんなこと…」と言った時の心情

個人的にはクラスメートに強気に出たことではなく、それより前に東西南北のメンバーにキツくあたったことを時間差で後悔しているのか?と思いましたが、こちらも小説家版で明らかにされます。

ゆうにとってアイドル活動以外のこと、クラスメートとの人間関係はそこまで重要ではないと推測したのですが。

アニメ映画 トラペジウム

原作版と映画版の違い

小説 トラペジウム

高山一実さんの原作版も読みました。

とりあえず文章が上手いことにまず驚き。

高山一実さんは読書が趣味とのことですが、それにしてもそれなりに文字を描くことに慣れていないとこの文章は書けないと思います。

セリフが多く、場面説明はわりとアッサリしているので好みは分かれると思いますが読みやすいのは間違いないかと。

2時間くらいで読み終えることができました。

  • アイドルになる前のエピソードにかなりウェイトが置かれている

原作版と映画版との一番大きな違い。

原作版はボランティア活動にかなりの尺が割かれています。

そして東西南北(仮)としてのアイドル活動は映画を観たあとだとビックリするくらいアッサリしていました。

そもそも劇中で東西南北(仮)の曲は『方位自身』の1曲しか出てこない。

映像化にあたってはアイドルパートを増やした方がいいと言う判断だと思いますが、英断だったと思います。

原作版はゆうの内面の描写と成長がメインですが、それぞれに違った良さがある。(月並み)

ただしアイドルパートを端折ったせいで、くるみのメンタルがやられるのが結構早く感じました。

カメラが回っている時のくるみの心情吐露は原作版の方が強烈。

  • 映画に出てこないクラスメートや同級生が出てくる

それぞれ1回ずつだけの登場でしたが、ゆうが学校生活を無難にこなしていることが分かります。

  • ゆう以外のメンバーも結構癖がある

原作の蘭子と美嘉は映画版よりやや尖ったキャラクターになっています。

特に美嘉はゆうへの感情がさらにねじれている他、くるみに対しても強烈な羨望を持っていたり。

映画では2人とも原作版よりは和を重んじるキャラクターになっていますが、これはゆうのキャラクターを際立たせるためかな。

とは言え原作版でもゆうの強烈なキャラクターは全く埋もれていない、どころか映画版以上にアイドルへの執着が伺えます。

オーディションでの完璧な受け答えなんかはちょっと畏怖の念を覚えるくらいで必見。

  • 方位自身の歌詞が違う

映画版では「問題 解探し」とか「笑みを乞う」とか、ちょっと語感が悪い上に日本語としても微妙な歌詞が気になったんですが、

原作版では自然な日本語が使われていました。

もちろん高山一実さんの文章力を考えれば納得ではありますが。

それぞれが歌詞を持ち寄ると言うのも映画オリジナルなので、おそらくあえて女子高生らしさの残る歌詞にアレンジしたんじゃないかと思います。

  • 原作版はシンジくんの存在が結構大きい

映画でも原作でもシンジくんいいヤツすぎる。

そして原作のゆうはかなりシンジを憎からず思ってるし、シンジくんは言わずもがな。

おそらく映画化にあたって、あまりシンジくんにスポットを当てるとテーマがブレると判断されて出番が削られたのだと思いますが、

映画を観てシンジくんに好感を持った人には特に原作版を読むことをオススメします。

  • 個人的には原作の設定と映画が地続きとは考えない

映画版ではあくまでゆう中心のチューンナップになっているので、

美嘉がくるみを知っていたこととかは映画版ではオミット。

「私のヒーロー」がより際立つようになっているんじゃないかな、と思います。

シンジくんのゆうに対する好意は共通だと思っていますが、原作版の方がより強い気がする。

何なら原作版ではゆうとシンジくんは結婚・電撃引退して「大事な人ができれば分かるよ」の伏線回収までしたんじゃないかと思ってる

まぁ個人の感想です。

小説 トラペジウム

関連記事

SNSでシェアする