SEIKO A-ZONE 1.74のレンズがすごい、プログラマーにオススメ

関連記事

SEIKOの最高級メガネレンズA-ZONE

日本の企業が好きなので最近はメガネのレンズはSEIKOを選んでいます。

以前はSEIKOのミドルクラスのレンズを作ったのですが、

最高級のA-ZONEの1.74が税込みで75,400円でミドルクラスとの価格差が3万円くらいだったのでどうせならとA-ZONEをチョイス。

これは本当にいいレンズですよ。

一応レンズ単品でも楽天市場とかで売ってるみたいですが、まぁ普通に取り扱いのあるメガネ専門店で作ってもらった方がいいと思います。

歪みがすくない

たまたま買ったエスビー 1/2日分の野菜カレーの上に置くとこの通り、レンズによる歪みが全然ありません。

他人から見られた時の歪みの少なさをウリにしているだけあって、今まで使っていたSEIKOの非球面レンズと比べてもなお優秀。

1.74が相当薄いと言うこともあると思いますが、それにしても鏡を見た時の違和感の少なさに感動します。

目が疲れない

これが最強のメリットです。

今までよりも度を強くしてもらったにも関わらず、8時間パソコン業務をしたあとでも目が死にませんでした。

湾曲が少ないからなのか、それとも近年疑問視されてるけどブルーライトカットがちゃんと効いているのか分かりませんが、

とにかく眼精疲労がそのへんのメガネ専門店で作ったレンズと比べるとぜんぜん違うので、デスクワーク仕事の人には超オススメです。

まぁお値段はそれなりですが、コンフォート原則から言えば視力の低い人にとってのメガネを超えるものはないですからね。

SEIKOレンズの取り扱いがあるメガネ屋は限られる

SEIKO公式の以下のリンクに取り扱い店の記載があります。

SEIKO GX ~PRECISION FOR VISION~

都心部は概ね抑えている感じですが、もし近所に取扱店がなくても遠出をする価値はありますよ。

恐らく今後の人生において管理人はSEIKOのA-ZONE以外でレンズを作ることはないでしょう。

近年は美容のための自費診療にお金を使っていて形に残る「買ってよかったもの」が中々なかったのですが、

SEIKOのA-ZONEは恐らく2024年買ってよかったものトップになるかと。

メガネの眼精疲労に悩んでいる人はゼヒ検討してみてください。

関連記事

SNSでシェアする