Google Playブックスでカバー画像が表示されない時の対処法

関連記事

EPUBやPDFをアップロードして閲覧できるPlayブックス

https://play.google.com/books/ebooks

Google PlayブックスはPlayストアで購入した書籍を読むだけではなく、DRMのかかっていないEPUBやPDFをアップロードしてPlayブックスで読むこともできるサービスです。

Playブックス アップロード拒否

EPUB、PDFともに容量の上限は100MBまでで、これ以上の容量のファイルはアップロード時に『サーバーに拒否されました。』と一蹴されます。

普通のマンガだけでなく自炊代行サービスでPDFにした本でも容量上限を超えることがあるので、Google oneなどの有料オプションでもいいから上限を増やしてほしいところ。

アップロード後の変換処理に失敗しやすいと言う問題点も。

Playブックス カバー画像 非表示

さらに同じシリーズでもカバー画像が表示されたりされなかったりすることがありますが、これは後述の方法で解決できるので備忘録として残しておきます。

と言うか問題点多いな…。

PlayブックスではEPUBのバージョンが2.0以外だとカバー画像が表示できない

PlayブックスにアップロードしたEPUBのカバー画像が表示されない時はまずEPUBのバージョンを疑いましょう。

EPUBは拡張子をzipにすることで中身が閲覧できますが、item/standard.opfファイルの中に以下の記述がなければEPUBのバージョンはおそらく3.0です。

<meta name=”cover” content=”cover”/>

https://calibre-ebook.com/

この場合、Playブックスではカバー画像が表示できないので、calibreなどのツールでEPUBのバージョンを2.0に変換する必要があります。

calibreでの手順は以下。

calibre EPUB2.0 変換 01

  • 変換したい書籍を選択し、右クリックメニューから『本を変換』→『まとめて変換』をクリックします。

calibre EPUB2.0 変換 02

  • 『EPUB出力』の『EPUBバージョン』が2になっていることを確認して『OK』をクリック。

変換後のEPUBをPlayブックスにアップロードすれば、処理に失敗しない限りはカバー画像が表示されるようになると思います。

関連記事