BIGLOBEモバイルのメリットとデメリット

関連記事

BIGLOBE SIMがリブランド

BIGLOBE SIMからリブランドしたBIGLOBEモバイルが通話アプリ『BIGLOBEでんわ』の通話料及び通話パックの価格変更を発表しました。

BIGLOBEでんわサービス内容の変更

BIGLOBEでんわの通話料金の変更

  • 30秒税込み10円→30秒税別9円

消費税が10%の時に19.8円なので、旧BIGLOBE SIMよりも僅かに安くなりました。

通話パック60及び3分かけ放題の料金変更

  • 月額税込み650円→税別600円

消費税が10%になると660円となり、こちらは旧BIGLOBE SIMより僅かに値上げになります。

BIGLOBEモバイルのメリット

WiMAX2とSIMのセット契約での割引キャンペーンを定期的に行っている

常設と言う訳ではありませんが、キャンペーン中にWiMAX2とセットで加入するならその期間中は他のMVNOより割安で加入できます。

エンタメフリーと言うカウントフリー契約の内容が充実

エンタメフリーのサービスにはYoutubeやAbemaTV、U-NEXTなどが含まれており、普段からこれらのサービスを使う人は4G回線で通信料を気にせずに使うことができるようになります。

エンタメフリーは以前はデータ通信が6GB以上のプランから契約可能でしたが、3GB以上から契約可能になりました。

4G回線は不満を感じない速度

データ通信に関してはWEBの閲覧程度の使い方なら全く問題ない速度が出ます。

混雑する時間帯でも不満を感じたことはありません。

BIGLOBEモバイルのデメリット

通話品質はやや悪い

docomo回線を間借りしているMVNOなので仕方ないですが、日中は少し通話が遠く感じます。

スピーカー出力にすると改善されますが、当然ながら外出中などは使いづらいです。

MVNO全般に言えることですが、やはり通話をあまりしない人におすすめ、と言ったところでしょう。

解約がやや面倒

BIGLOBEモバイル解約(MNP番号取得)時の注意点

管理人は現在はBIGLOBE モバイルを解約してLINEモバイルに乗り換えましたが、BIGLOBEモバイルは解約時に電話でのオペレーションが必須になります。

窓口も混雑していることが多いので不親切さは否めません。

au Payのキャンペーンでグダグダの対応をしたKDDI傘下と言うこともあり、個人的には今後契約することはないですね。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL