パケット放題 Plusが優秀なmineo

関連記事

速度1.5MBで使い放題のmineoパケット放題 Plus

mineo パケット放題 プラス ロゴ 01

https://mineo.jp/service/data/packet-free/

ahamoにしたことで(なぜか)d払いが使いづらくなり、固定回線代わりに使おうと思ったhome 5Gは手続き・サポートともにグダグダ。

ahamoに移行して感じたメリット/デメリット

やはりMVNOに戻るか、と言うことで目をつけたのが

  • 下り・上りともに速度1.5Mbpsで使い放題の通信を月額350円(税込み385円)で足せるパケット放題 Plus
  • (ただし3日で10GB以上使うと200kbpsの速度制限になる)

を提供しているmineoでした。

データのみのプランなら契約事務手数料を除いて月額330円のみで2ヶ月間パケット放題 Plusを試すことができます。

  • mineoのデータプランは月額330円でお試し200MBコースを2ヶ月間使える
  • パケット放題 Plusは2ヶ月間無料

お試し200MBコース終了後は自動的に1GBプランに変更+パケット放題 Plusは税込み385円に変更されるので、

パケット放題 Plusを含む最低利用料金は以下。

  • データ通信のみ(シングル)なら1GBプラン880円+パケット放題 Plus385円=1,265円
  • 音声通話付き(デュアル)なら1GBプラン1298円+パケット放題 Plus385円=1,683円。

ちなみに10GB以上のプランを選ぶとパケット放題 Plusは無料で付けられるので、

  • 1GBプランにパケット放題 Plusを付与する
  • 10GB以上のプランを選ぶ

ほぼ2択ですね。

5GBプランにパケット放題 Plusを付けるのは10GBプランと値段が50円程度しか変わらないのでかなり微妙。

パケット放題 Plusの使用感

AQUOS sense 5Gでテザリング。

平均速度は1.5MBに近づきますが、最初の速度は3~4MBほど出ています。

mineo パケット放題 プラス 速度 01

  • 単一のWEBページを見る分にはほとんど不自由を感じない
  • YouTubeも少し待てば720p以上の解像度で閲覧可能
  • パソコンのブラウザで複数のタブを同時に開いた時などは中々読み込みが終わらない
  • 動画サイトよりもセレクトショップなど画像の多いサイトを開いた時に遅さを感じる

普段からよく見るサイトを巡回する分にはキャッシュを効かせていればあまりストレスは感じません。

Speed-Up Browsing 01

Chrome拡張機能Speed-up Browsingなどを導入しておくことをおすすめします。

ブラウジング速度を改善するChrome拡張機能

固定回線代わりに使うのであればSIM挿入用にモバイルルーターを導入してもいいでしょう。

DプランよりSプランの方が同時接続に強い?

そもそも管理人の住んでいる地域自体、docomoよりもソフトバンク回線の方が圧倒的に早いと言うのはありますが、

同時に複数のタブを開いた時に読み込みが終わる速度は明らかにソフトバンクSプランの方が上でした。

通信速度に上限のあるパケット放題 Plusでも、キャリアによって接続や速度に差が出る可能性がある、と言うのは頭に入れておいた方がいいかもしれません。

ソフトバンク4G通信で下り100Mbps以上出るエリアならパケット放題 Plusの1.5Mbpsでもさほどストレスなく使えると思います。

モバイルルーター601HWでもmineoのSIMは問題なく使える

ソフトバンクのSIMに特化したモバイルルーターであり、FUJI WiFiで便利に使っていた601HW

SIMフリー端末でもあるのでmineoのSIMも問題なく使えました。

mineoのSIMはマルチSIMで届くので、USIMサイズで601HW本体に挿入する必要があります。

601HW mineo APN設定 01

  • 601HWにWi-Fiで接続できる状態にする
  • もしくは601HW本体をUSBで接続する

601HWに接続できる状態で

http://web.setting/

にアクセス。

601HW mineo APN設定 02

『モバイルネットワーク設定』→『プロファイル管理』→『新規プロファイル』をクリック。

601HW mineo APN設定 03

mineoのAPN設定をします。

ネットワーク設定(Android™・Windows端末等)|mineoユーザーサポート

設定に関しては公式に記載がありますが、元々au系だったためか、docomoの場合はユーザー名がmineo-d.jp、ソフトバンクの場合はmineo-s.jpになることに注意が必要。

  • 名前: 任意の名前
  • APN: docomo回線はmineo-d.jp、ソフトバンク回線はmineo-s.jp、au回線はmineo.jp
  • ユーザー名: mineo@k-opti.com
  • パスワード: mineo
  • 認証タイプ: CHAP

やはりモバイルルーター専用機だけあり、安定して電波を拾ってくれる上にPING値もAQUOS sense5Gより改善されて快適になりました。

なおm601HW自体は5Gに対応していませんが、興味本位でmineoの5Gオプションを付与したところ4G回線で問題なく動作しました。

(2021年12月から5Gオプションが無料になったので試してみたかったのです。)

スマートフォンで使うならパケット放題 Plusで十分

スマートフォンでよく見るSNSなどは専用アプリをインストールすることが多いと思います。

パソコンからブラウザで見るのと違い、アプリからSNSなどを見る場合はデータの送受信しか通信が発生しないので、1.5Mbpsの速度でストレスを感じることはほとんどありません。

3日で10GBの制限をスマートフォンの利用で超えることはかなり困難なので、通信容量を気にすることなく以下の操作ができるのは実に快適です。

  • 外出先でYouTubeを垂れ流す
  • LINEで画像や動画を好きなだけ送信
  • クラウド上の音声ファイルをストリーミング再生したり、クラウド上の画像ファイルを好きな時にDL
  • 電子書籍を読みたいタイミングでDLする

pCloud上には保存用のFlacファイルとは別にスマホ再生用のMP3ファイルを置いていますが、

MP3程度のファイル容量ならパケット放題 Plusで気兼ねなくクラウド上に置いたままストリーミング再生できます。

『ゆずるね』で夜間フリーを獲得すれば固定回線代わりとしても十分使える

mineoはマイページから『ゆずるね』宣言をして12時~13時のデータ消費量が少ないと色々な特典がもらえます。

『ゆずるね』宣言中もパケット放題 Plusは使い放題なので達成自体は簡単。

『ゆずるね』の達成回数によって特典がもらえますが、10回達成でもらえる夜23時~朝7時まで高速通信が使い放題になる『夜間フリー』と言う特典が超優秀。

夜間フリーが適用される23時~7時以外の時間帯はパケット放題 Plusか、各プランの容量の範囲で通信をすればいいので、

月間容量5~20GB+夜間フリーの組み合わせで十分固定回線代わりに使えます。

『ゆずるね』の達成に便利なmineoアプリ

mineoアプリ ウィジェット 01

『ゆずるね』はmineoアプリを入れて『回線一覧』のウィジェットを登録すると僅か2タップで達成できます。

mineo アプリ ウィジェット 02
複数回線がある場合も回線分タップ数が増えるだけ。

自動節約設定でパケット放題 Plusをオンにしておく

mineoマイページから設定できる『自動節約設定』で月曜日~金曜日の朝7時に『節約ON』にしておけば、夜間フリーで節約OFFにした時の戻し忘れを防ぐことができます。
もともと節約ONになっている場合は何も起きないので、夜間フリーの達成状況に関わらず最初の月から設定しておくことを推奨。
夜間フリーを達成した次の月は夜23時から『節約OFF』を設定しておくこともできますが、もし前月達成し忘れた場合は翌月から自動節約設定を解除しておく必要があります。

  • (希望者が多いため、23時は自動節約設定ができないことが多いです。)

シングルとデュアルの2回線の組み合わせはデュアルの容量を増やした方が安い

mineoはデュアルプランの1GBが割と高めの設定で、パケット放題 Plusを組み合わせると20GBとの価格差が約500円しかありません。

一方でシングルは1GBがかなり安くなっていて、パケット放題 Plusと組み合わせても20GBとの価格差は700円弱。

プラン 価格
デュアル(1GB+パケット放題 Plus) 1683
デュアル10GB 1958
デュアル20GB 2178
シングル1GB+パケット放題 Plus 1265
シングル10GB 1705
シングル20GB 1925

したがって、シングルとデュアルの2回線で1GB+パケット放題 Plusに10GB以上のパケット放題 Plus付きプランを組み合わせる場合はデュアルの容量を増やした方が安くなります。

1GB(パケット放題)+10GBの組み合わせ
デュアル1GB(パケット放題)+シングル10GB 3388
デュアル10GB+シングル1GB(パケット放題) 3223
1GB(パケット放題)+20GBの組み合わせ
デュアル1GB(パケット放題)+シングル20GB 3608
デュアル20GB+シングル1GB(パケット放題) 3443

実際にはここに複数回線割引の55円ずつが加わるのでさらに110円引き。

パケットシェアオプションにデータSIM側の回線番号を登録しておけば自動で繰り越し分のパケットを共有できるので、

デュアル側からいちいちシングルにパケットをギフトする手間などはかかりません。

この値段でほぼ使い放題のスマートフォン回線と固定回線代わりの2つの回線が手に入るのは正直異常なコストパフォーマンスで、2021年11月時点ではmineoが最強のMVNOだと言っていいと思います。

両方を1GB+パケット放題 Plusで運用した場合はわずか(1298+385)+(880+385)=2,948円でさらに110円引きで2,838円。

フレックス制などで終業が遅い人、夜間の利用が多い人は1GBプラン+夜間フリーでも十分使えるでしょう。

その他提携サービスもmineoならではの特典付き

単体でも十分に最強なmineoですが、mineoと提携しているサービスはmineoとセットで申し込むことで実用的な特典が付くものも。

正直この手のスマホ会社とのタイアップって使い物にならないイメージが強かったのですが驚きました。

特に優秀なのは以下2つ。

  • U-NEXTが月額1,089円で使える
  • 050電話 LaLaCallがmineoのアカウントで登録でき、月額料金税抜き100円と同額の無料通話が付いてくる

U-NEXTに関しては通常の月額2,189円プランに比べて以下2点がなくなっていますが、

正直ポイントをなくす代わりに安くしてくれ、と思っていた人は多いのではないでしょうか。

  • 1,200円分のポイント
  • 週刊誌などの書籍サービス

以下の記事でAmazon Primeなどの動画配信サービスを比較しています。

Amazon Primeは要らない、解約しても問題ない理由

LaLa Callは既にMy050などのIP電話を契約していて050番号を追加したい人には低価格が嬉しいですね。

オマケ要素まで優秀で実に隙がないMVNOでした。

マイそくは微妙

マイそく詳細

mineoは2022年3月7日から音声通話付きの『マイそく』プランが提供開始。

  • 通信速度1.5Mbps(税抜き990円)/3Mbps(税抜き2,000円)で使い放題
  • 3日で10GBの制限アリ
  • 制限時は速度32kbps

『ゆずるね』を利用することができず、『夜間フリー』や『プレミアム1DAYパス』との併用ができないのが致命的。

donedoneと言うMVNOでは同じく最大3Mbps、月間50GBまでの通信を税別2,480円と言うクソプランを提供しており、これに比べるとかなりマシではありますが、

普通にパケット放題 Plusを使った方がいいでしょう。

2,000円以上払うならFUJI Wi-fiのソフトバンクSIMを使う手もあります。

SNSでシェアする

関連記事