ソフトバンク回線を利用するモバイルWi-FiサービスFUJI Wifi(フジ ワイファイ)

関連記事

au回線のWiMAX2+に対してソフトバンク回線を利用するFUJI Wifi

モバイルルーター界隈ではauの回線を利用するWiMAX2+が最も有名ですが、ソフトバンク回線を利用するプロバイダも増えてきました。

FUJI Wifiもその一つで、契約期間と解除月の縛りがなく、さらに3日間の使用量の制限もないことをウリにしています。

管理人はソフトバンクにあまりいい印象を持っていませんが、都心部であるにも関わらずWiMAX2+の速度が遅すぎるので乗り換えました。

WiMAX2+が利用できるプランもあったが廃止

プラン一覧

au回線のWiMAX2+を利用できるプランもありましたが廃止されました。

値段は月額3,200円で、他のWiMAX2+プロバイダのキャッシュバックを考慮してもトップクラスに安い価格設定だったので管理人は一時期このプランを使っていましたが、あまりの遅さにすぐソフトバンクSIMに乗り換え。

安心サポートは実質無料

初期申込み時にチェックを外せない安心サポートですが、契約することで300円の月額料金の割引が発生するので実質無料です。

安心サポートプレミアムは紛失時の保証や1年ごとのバッテリー交換が付きますが、モバイルルーターのバッテリーの消耗率は低く、故障をしても店頭でルーター本体を購入すれば問題ないので特に加入する必要はないでしょう。

もしかしたら返却時にMACアドレスを確認されるかもしれませんが、それが問題になる可能性は低いと思います。

SIMのみのプランがお得

プラン改正前はソフトバンクSIMプランしかなく、ルータープランとSIMプランで値段が変わりませんでしたが、クラウドSIMプランを提供するようになってからSIMプランの価格が引き下げられました。

新生活応援キャンペーン2020開催中は200GBで税抜2,980円と言う大判振る舞い。

ルーター本体は601HW系列を使うのがおすすめです。

登録時の注意点

FUJI Wifi 登録 01

特に難しい点はありませんが、初期状態では郵送手段は無料のゆうパケットになっています。

投函が不安な人は有料のゆうパックにしましょう。

FUJI Wifi 登録 02

ルータープランとSIMプランはタブで切り替えが可能。

安心サポートはこの段階ではチェック必須です。

WiMAX2+との速度比較

ソフトバンクMNOだけあって下り速度は200MBを超えることもあり、正直WiMAX2+とは比較になりません。

上りは8MB程度でWiMAX2+よりは早いものの

WiMAX2+では別タブでダウンロードをしているとブラウザ全体が重くなることがありますが、FUJI Wifiのソフトバンク回線ではそのようなことはありません。

設置直後はスマホでのWi-Fi接続が繋がらなかったり途切れたりすることが目立ちましたが、スマホ再起動で解消しました。

住宅地では2.4GHzの方が5GHzより早い

Wi-Fi端末全てに言えることですが、都心部などでは必ずしも5GHzの方が速度が出るとは限りません。

自宅で使う場合は両方の環境で速度を測定した方がいいでしょう。

ルーター端末の使い勝手

304ZTと言うルーターでしたが、端末上でSSIDとPINを変更できるなど使い勝手はまあまあです。

メニューもシンプルなのでW04よりとっつきやすいですね。

Softbank Airのように画像や動画の圧縮は行っているのか

帯域節約のためにデータを勝手に圧縮することで知られるソフトバンクですが、少なくともWiMAX2+回線でダウンロードした画像とFUJI Wifiのソフトバンク回線でダウンロードした7MBほどの画像を比較した結果、ファイルサイズは全く同じでした。

圧縮を行っていないと断言することはできませんが、デフォルトで圧縮を行っていると言うようなこともないようですね。

支払いにKyashを利用可能

Fuji Wi-fiは本人名義でないプリペイドカードを普通に決済に使うことができます。

Kyashの改悪により意味がなくなりました。

月100GB~200GBほどの使用量ならおすすめ

ほとんどの人のニーズを満たせる通信容量だと思います。

個人的に通信容量のほとんどは動画、特にYouTubeなので、以下のように画質を固定する拡張機能などを併用するのがおすすめ。

YouTubeの画質を固定するChrome拡張機能『オートクオリティ4K/HD』

レンタルWi-Fiなので速度が出なければ当月中に解約可能と言うこともあり、モバイルルーターに興味がある人は試しやすいと思います。

関連記事