市販の白髪染めのおすすめ2選 シンプロが最強

関連記事

美容室で染めてもらうほどではない部分白髪で市販の白髪染めを使っている人は多いと思います。

市販の白髪染めはだいたい試したのでランキングにしてみようと思ったのですが、おすすめできるほどの商品は2つしかありませんでした。

1位 シンプロワンタッチ無香料ヘアカラー

シンプロ ワンタッチ無香料ヘアカラー

シャンプー『いち髪』などで有名なクラシエから発売されている白髪染め。

他の市販の白髪染めとはレベルが違う染毛力で、根本までしっかり染まります。

代償としてパッケージのカラーよりだいぶ暗い色に染まることには注意が必要。

残念ながら2019年3月に製造終了になってしまいましたが、復活が待たれるシリーズです。

シンプロ リサイクルショップ

製造終了品のためか、リサイクルショップなどで安く手に入ることも。

Amazonでは定価より高く売られているので、まだ売っている薬局などがないか探した方がいいと思います。

「シンプロ ワンタッチ無香料ヘアカラー」の検索結果

2位 サイオス オレオクリームシリーズ

syoss(サイオス) オレオクリーム ヘアカラー

染毛力はそこそこですが、ダメージが少なめなことと価格の安さが魅力。

色もだいたいパッケージのイメージに近いです。

1剤と2剤を混ぜるひと手間が必要ですが、ワンプッシュタイプの白髪染めはシンプロ以外はあまり信用できたものではないので必要経費と割り切りましょう。

「サイオス オレオクリーム」の検索結果

おすすめできない白髪染め

ビゲン/メンズビゲン

安かろう悪かろうの代表格。

どこにでも売っていますが、1週間も持たないうちに色落ちしてきます。
Amazonでの高評価が非常に謎。

ブローネ

カラーバリエーションが豊富なのはいいですが、染毛力は大したことありません。

明るい色合いが多いのは色落ちした時にある程度ごまかしが効くのでプラス要素?

シエロ

ビゲンよりはマシだと思いますが、リピートはしないですね。

ルシード

メンズ専門の割に大したことのない染毛力。

白髪染め用のトリートメントも売っていますが、こちらは全くと言っていいほど効果がありません。

爪の先が黒くなるだけです。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL