SPECTUSSHOECO.(スペクタス)のおすすめアイテムと安く買う方法

関連記事

スペクタスとは

SPECTUSSHOECO.(スペクタス)

フット・ザ・コーチャー(foot the coacher)、オーセンティック シュー&コー(AUTHENTIC SHOE&Co.)のデザイナーで知られる竹ヶ原敏之介が2012年から立ち上げた比較的新しいシューズブランドです。

同デザイナーの他ブランドに比べるとかなり価格が安い上に作りも頑丈なので、気軽に買えて使い倒せるのが魅力。

特徴

一部例外もありますが、基本的に靴紐を使わずに踵部分のダイヤルで靴のフィット具合を調整できるのが特徴。

Boa Technology社のレーシングシステム(lacing system)と言うギミックであり、他のブランドの靴で見たことがある人がいるかも知れません。

ソールは基本的にビブラムソールを使用しており、見た目が革靴やウイングチップなのに掃き心地はスニーカー、と言うような靴を多数リリースしています。

最近ではダイヤルの代わりにシューレースを使ってウエストゴムのように調整するスニーカーなども発表しました。

おすすめアイテム

GROCKER(グロッカー)

SPECTUS GROCKER

マウンテンリサーチとのコラボアイテムとほとんど同型のブーツ。

スエード素材とレザー素材のものがあり、ファッショナブルな見た目ながら実際に登山靴として使用できます。

着脱が楽な上にビブラムソールによる掃き心地の良さを兼ね備えているので登山が好きな人におすすめ。

ウイングチップシューズ

SPECTUS ウイングチップシューズ

「spectus ウイングチップ」の検索結果

スニーカーの掃き心地の革靴と言うデザイナーのコンセプトを体現した一足。

普段着〜オフィスカジュアルまでこなせるデザインです。

ダイヤル機構の頑丈さは特筆もので、2年以上ほぼ毎日使っていても全く機能に衰えは見えません。

Solid kicks(ソリッドキックス)

SPECTUS Solid kicks

「spectus solid kicks」の検索結果

シューレースでサイズ調整をするスニーカー。

見た目はスリッポンなので、シューレースは機能面はもとよりデザイン的な意味合いも強いですね。

手頃な値段でデイリーユースに適しています。

購入はAmazonがおすすめ

セールやアウトレットでもあまり値崩れしないのがスペクタスの特徴ですが、なぜかAmazonではセール価格で半額近くになっていることがあります。

サイズ27前後の比較的需要があるサイズでも平気でセール対象になっていることがあり、理由は不明ですが購入する側としては嬉しいかぎり。

セレクトショップのセール品やヤフオクの新古品よりも安いので、こまめにチェックしてみるといいでしょう。

なお、サイズが0.5~1サイズ大きいくらいなら100円ショップの靴底ソールを入れたりダイヤルを調整すれば特に不自由なく履けるので、多少のサイズオーバーなら購入を検討してみてもいいかと思います。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL