The Viridi-anne(ザ ヴィリディアン)のおすすめアイテムと安く買う方法

関連記事

The Viridi-anne(ザ・ヴィリディアン)とは

The Viridi-anne 2018SS

伊勢丹メンズ館でも取り扱いのある日本のメンズブランドです。

かつてはCamaieu(カマイユ)と言うシューズ中心の別ラインもありましたが、廃止されました。

毎シーズンパリで展示会を行っており、海外のセレクトショップでも取り扱いがあります。

VI-CLと言う型番から始まる過去シーズンの人気アイテムの再リリース(細部は異なりますが)と、VI-から始まる新作ラインと言うリリース体制。

価格帯はドメスティックブランドとしては標準的で、カットソーが~15,000円、その他トップスが~30,000円、アウターが~60,000円くらい、ヘビーアウターやレザーアイテムが10万円前後の値段感です。

古着だとアイテムによってはかなり安くなるので、どうしてもと言うアイテム以外は中古落ちを待つのも手ですね。

デザインの特徴

2000年代はJULIUS(ユリウス)などに近い、細身でモノトーンかつ退廃的なデザインの服が多く見られました。

10年代以降は適度にゆとりのあるサイジングになり、差し色的なアイテムも増えてきていています。

全体的にカットソー類は着丈が長めで、パンツはイージーパンツやクロップドパンツが中心のリリース。

カットソーやカーディガンは背面(首元あたり)に十字のダーツが入っていることが多く、この特徴はGIVENCHY(ジバンシィ)に通じるものがあります。

ルーズフィットまではいかない着心地のいいサイズ感を保ちつつ、着丈やテーパードで洗練された印象を与えるシルエットが特徴と言えます。

芸能人の愛用者

松田龍平、DIR EN GREYの京など。

劇中での着用では松田翔太が挙げられます。

レザー製品としては比較的お手軽な値段であることから、レザージャージやレザージャケットの人気が高いですね。

おすすめアイテム

イージーパンツ

The Viridi-anne VI-2215-04
参照URL: https://addictshop.exblog.jp/22023843/

ブランドイメージを決定づけるカテゴリーと言えます。

毎シーズン定番ものや新型がリリースされていますが、大まかな特徴としては以下が挙げられます。

  • 股上が深いジョッパーズ型
  • 裾にかけて細くなるテーパード
  • 背面から見た時のデザイン面のアクセントをくるぶし辺りに凝らすことが多い
  • 紐の材質・カラーを本体とは異なるものにすることが多い

ギャザーパンツ

The Viridi-anne VI-CL-030-04
参照元: http://blog.livedoor.jp/vibe_nagano/archives/65702355.html

背面のドローコードをたくし上げることでツイストするギャザーパンツ。

定番品ではありませんが、The Viridi-anneを代表するアイテムと言えます。

アラジンパンツ

The Viridi-anne VI-CL-004-04

参照元: http://blog.livedoor.jp/vibe_nagano/archives/2012-07-26.html

極端に大きいポケットと裾のスリットが特徴の通称『アラジンパンツ』または『ピッコロパンツ』。

素材違いで何度かリリースされているこちらも代表的なアイテムです。

「viridi-anne パンツ」の検索結果

カーディガン

The Viridi-anne VI-CL-106-01

参照元: https://addictshop.exblog.jp/22559489/

同ブランドのカットソーは着丈がやや長めですが、カーディガンの方はレイヤードスタイルを考慮してか、着丈の短いものが多め。

アシンメトリーであったり、襟元が素材違いになっていたりと、細部に趣向を凝らしたアイテムが多いのが特徴。

ボタンも安っぽいプラスチック製のものはほとんどなく、大体は木製やメタル製です。

素材によってはカットソーとあまり変わらない値段なのも嬉しいところ。

「viridi-anne カーディガン」の検索結果

ブーツ・スニーカー

The Viridi-anne VI-CL-075-09

参照元: https://addictshop.exblog.jp/20743508/

ドレープ(シワ)のみでデザインをしたブーツやハイカットスニーカーが特徴的です。

The Viridi-anne VI-2725-09

参照元: http://deviant.jp/?pid=111133580

バックジップ型のハイカットスニーカーと言うどのブランドも出しているようなアイテムですが、ジップ部分がriri製のオリジナルパーツになっていたりします。

ジップがYKK製だとガッカリする派閥にとっては嬉しい限り。

「viridi-anne スニーカー」の検索結果

ダウンジャケット

The Viridi-anne ダウンジャケット

参照元: https://www.realisent.jp/jp/ther-blog/tva-160906

毎シーズン人気なViridi-anneのダウンジャケットですが、近年ではハイネック型のものが定番品としてリリースされています。

ダウンジャケットの野暮ったさが全くないシルエットながら防寒性も高いと言う非常に使い勝手のいいアイテム。

定価も9万円前後とヘビーアウターとしては標準的です。

「viridi-anne ダウンジャケット」の検索結果

ダウンベスト

The Viridi-anne ダウンベスト

こちらも近年はハイネック型のものが主流になっていますが、通常ネック型のアイテムもデザインに優れるものが多いです。

当然ですが、インナー次第で秋から真冬まで使える使い勝手の良さと、どのシーズンのアイテムも一目でViridi-anneと分かるデザインが魅力。

最近は止水テープがアイコンになっていますが、過去シーズンのロングジップのものもかっこいいので、楽天市場やメルカリで探してみるといいかもしれません。

「viridi-anne ダウンベスト」の検索結果

検索時の注意

The Viridi-anneはショップによってヴィリディアン、ビリディアン、ヴィリジアン、ビリジアンなどの表記揺れがあります。

『viridi』で検索するのが一番無難ですが、楽天市場などOR検索が使えるサイトでは『viridi-anne OR viridi OR ヴィリジアン OR ヴィリディアン OR ビリジアン OR ビリディアン』など表記ゆれ全てを検索するようにしておくと掘り出し物が見つかるかも知れません。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL