Wimax2のルーター『W04』のクレードルを使った有線接続の速度改善効果

関連記事

LANケーブルによる有線接続ができるクレードル

自宅で使っているWimax2の速度がどうにも不安定なので、ネットの紹介記事を頼りにクレードルを購入しました。

W04 クレードル

「w04 クレードル」の検索結果

クレードルは背面にLANケーブルの端子があるので、パソコン本体に有線接続をすることができます。

回線の安定化や高速化に効果があるとのことだったのですが。

実測値にはほぼ変化なし

有線接続 無線接続
速度制限時 930kbps 950kbps
通常時 18Mbps 18Mbps

3日で10GB超の制限にかかった時と通常時の速度をfast.comで測定しましたが、誤差の範囲内の変化しかありません。

LANケーブルはカテゴリー6、無線接続はバッファローのWI-U2-433DHPを使っています。

環境に依存するのは100も承知ですが、クレードルによって回線速度が改善したと言う記事ばかりが出てくるのは疑問です。

実売価格4,000円近くを出す価値はなし

速度が改善しない場合は単なる端末の安定した置き場所にしかならないものに4,000円は高すぎます。

L01s

自宅での用途限定としてはWimax2の据え置き型ルーターであるL01かL01sに少し魅力を感じますが、この2つも評価はまちまち。

ネット上では100円ショップの鍋などでパラボラアンテナを自作する記事が散見されますが、この方法も劇的な効果はありませんでした。

とは言え値段が安いので、クレードルを買うよりは試してみる価値があると思います。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL