ザバス/ウィダーのプロテインの成分比較と豆乳とのコスト差

関連記事

ザバス ウィダー プロテイン

安価でどこにでも売っている代表的なプロテインであるザバスとウィダー。

栄養成分とコストに差があるのかが気になったので比較してみました。

個人的にはウィダーの方が水に溶けやすくてダマになりにくいので、成分以前にウィダーの圧勝なのですが。

栄養成分比較

ザバスは『ホエイプロテイン』の成分を公式サイトから引用。

ウィダーは『マッスルフィットプロテイン』の成分を公式サイトから引用。

一回あたりの量が1g違うのですが、そのまま記載します。

ウィダーはみんなココア味の方が好きだろう、と言う偏見によりココア味のものを採用。

優秀な項目は青字で記載しています。

ザバス 21g ウィダー 20g
エネルギー 83kcal 75kcal
たんぱく質 15.0g 14.2g
脂質 1.3g 0.2~1.2g
炭水化物 2.7g 3.0g
食塩相当量 0.26g 0.11~0.20g
カルシウム 300mg
3.6mg
ナトリウム 100mg
ビタミンB1 0.87mg 0.46mg
ビタミンB2 0.93mg 0.54mg
ビタミンB6 0.64mg 0.46mg
ビタミンB12 0.8~3.1μg 0.8~3.6μg
ビタミンC 88mg
葉酸 84~220μg 80μg
ナイアシン 6.3mg
パントテン酸 0.62mg
パントテン酸Ca 8.0mg
グルタミン酸 3,000mg
遊離グルタミン 26mg

気持ち程度のビタミンB群の差を除くと、グルタミン酸やカルシウムのアドバンテージにより、栄養成分もウィダーの方が優秀に見えますね。

「ウィダー マッスルフィットプロテイン」の検索結果

製品1gあたりの単価とたんぱく質含有量を比較

ウィダー マッスルフィットプロテイン

Amazonでの記事掲載時点での価格は900gで3,691円。

20gあたりたんぱく質が14.2gなので、14.2/20で1gあたりのたんぱく質含有量は0.71g。

製品1gあたりの価格は3,691/900=4.1円。

900gに含まれるたんぱく質は639g。

ザバス ホエイプロテイン

Amazonでの記事掲載時点での価格は1,050gで3,678円。

21gあたりたんぱく質が15.0gなので、15/21で1gあたりのたんぱく質含有量は0.714g。

製品1gあたりの価格は3,678/1,050=3.5円。

1,050gに含まれるたんぱく質は750g。

たんぱく質あたりのコストは微妙にザバスの勝ち

製品1gあたりの単価もたんぱく質含有量もザバスが勝っていました。

前述の通りウィダーの方が水に溶けやすくてダマになりにくく、その上水で飲んでも普通においしいので多少の値段の差ならウィダーを推します。

外国製の安価なプロテインなども同じ計算式で比較していくと面白いと思います。

豆乳製品との比較

たんぱく質含有量が多い飲料と言えば豆乳なので、コストで比較してみました。

比較対象は価格面でイオングループのオリジナルブランド、トップバリュを選出。

トップバリュ 無調整豆乳

トップバリュ 無調整豆乳

公式サイトから引用。

1,000mlでたんぱく質含有量は43g。

ザバス ホエイプロテインと同じ750gのたんぱく質を摂取しようとすると、750/43=17.4個の製品の購入が必要になります。

1パック税込み169円なので、17.4個の購入に必要な値段は2940.6円。

あれ?

トップバリュ 無調整豆乳の方がたんぱく質あたりの単価は低い

カロリーもそれなりに摂取してしまうと言う懸念点はありますが、コストにおいてプロテインが負けてしまう結果になりました。

作る手間がなく、気軽に飲み物としてたんぱく質を摂取できる豆乳の方が生活習慣に合っている、と言う人も多いのではないでしょうか。

ちなみにザバスはプロテインドリンクと言う商品も出していますが、味が美味しいと言う点を除けばやはり豆乳に比べると残念なたんぱく質の量になっています。

豆乳の味が苦手などの理由がない限り、たんぱく質摂取を豆乳に一任すると言うのは結構ありな選択肢だと思います。

「ザバス プロテインドリンク」の検索結果

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL