Sylpheedはメモリ消費が少なく標準機能が充実したメーラー

関連記事

デスクトップメーラーが必要な場面もなくはない

メールはWEBで全て管理していると言う人も多いとは思いますが、やはり複数のメールアドレスでメールを送受信するとなるとローカルのメーラーを使った方が便利な場面もあります。

以前はThunderbirdを使っていましたが、標準機能の貧弱さとメモリ消費の激しさに心が折れました。

現在使っているメーラーはSylpheedです。

Sylpheed 公式サイト

https://sylpheed.sraoss.jp/ja/

Sylpheedのメリット

メモリ消費の少なさ

Thunderbirdが平気で2GB~3GBのメモリを使うのに対し、Sylpheedのメモリ消費は基本的に50MB以下です。

標準機能の充実

拡張機能は少ないですが、その分テンプレート機能や振り分け機能が充実しており、メールの読み書きだけなら標準機能だけで十分賄えます。

ディスク容量を圧迫しない

メール受信時に作成されるキャッシュのサイズが少ないため、IMAP受信をしている限りはあまりディスク容量を消費しません。

数万件のメールをキャッシュさせていますが、キャッシュフォルダーの容量は1.6GB程度。

Thunderbirdならこの10倍は容量を使っているところですね。

設定ファイルの場所を変更できるのでポータブルアプリとして使える

Windows環境ではsylpheed.exeと同じ場所にあるsylpheed.iniに設定ファイルの場所を記載します。

以下のように相対パスでの記述が可能。

configdir=..\..\share\Sylpheed\config

Sylpheed configディレクトリ

直下にimapcacheやMailboxesなどのフォルダーがあるのがconfigフォルダーです。

メールアカウントを並び替えられる

Thunderbirdでは隠し設定ですが、Sylpheedはconfigフォルダーの下のfolderlist.xmlを編集するのでThunderbirdよりは直感的にアカウントの並び替えが可能です。

強力な振り分け機能

Sylpheed 振り分け機能

豊富な条件分岐に加えて正規表現も使えるので、ほとんどのニーズには対応できるでしょう。

振り分けルールはfilter.xmlとしてconfigフォルダーの下に保存されるのでバックアップも簡単です。

送信メールアドレスの確認機能がある

Sylpheed 設定 01

Thunderbirdでは拡張機能が必要でしたが、Sylpeedは設定画面の『送信』タブから設定できます。

除外する(確認せずに送信する)ドメインの設定も可能。

Sylpheedのデメリット

大量のメールを受信しているアカウントを開くのは時間がかかる

Sylpheed メールフィルター

キャッシュサイズが少ないため、アカウントの切り替えに時間がかかる場合があります。

これはフィルターで表示する日数を減らすことで軽減可能。

普段は最近30日で十分でしょう。

2段階認証が有効なGmailの追加はやや面倒

SylpheedはOAUTH2に対応していない為、2段階認証が有効なGmailアカウントを追加するには、アプリパスワードを生成する必要があります。

軽いメーラーを探している人にはおすすめ

タスクマネージャーを開いたときに『ペイント』よりもメモリ消費が少ないことに色々な意味で衝撃を受けました。

ペイントメモリ使いすぎだろ。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL