MS-IME、Google日本語入力の文章入力中に使える便利なショートカットキー

関連記事

MS-IMEの文章入力中に使えるショートカットキーは大変なスグレモノ

MS-IME ショートカットキー

Windows黎明期からバカだクソだと罵られ続け、今やGoogle日本語入力にとって代わられてしまった感があるMS-IMEですが、IMEがオンの状態で入力中に使えるショートカットキーは非常に便利です。

これらのショートカットキーはGoogle日本語入力でも採用されており、文章の入力速度を飛躍的に高めてくれる可能性を持っています。

MS-IME由来のこれらのショートカットキーを普段から使っている人なら決してMS-IMEをバカにしたりすることはないでしょう。

小指Ctrlキー

Ctrlキーが左下にあるキーボードの場合、小指の付け根でCtrlキーを押さえるとホームポジションのままこれらのショートカットキーが使えます。

以下のショートカットキーと合わせてタイピング速度の向上に絶大な効果があるので、練習してみる価値はあります。

入力中に使える便利なショートカットキー

Ctrl+H 一字削除(バックスペース)

諸事情から元々Ctrl+Hをバックスペースとして採用しているアプリは結構多いのですが、ほんとこっちを標準にしてほしいですね。

バックスペース遠い。

Ctrl+I カナ変換

F7キーの代替で、小指でCtrlキーを使うならこちらの方が圧倒的に早いです。

Ctrl+T 半角英数変換

同じくF10キーの代替です。

ほぼホームポジションのまま操作できるので、慣れるとF10を全く使わなくなります。

Ctrl+P 全角英数変換

なぜか今だによくある全角入力しか許容しない住所入力フォームなどでごくたまに使います。

F9キーの代替。

Ctrl+M 文章確定

Ctrl+H=バックスペースと同じで諸々の事情から元々エンター/リターンとして機能するアプリが多いショートカットキーです。

あのメモ帳でさえCtrl+Mはエンターとして機能します。

喫茶店や電車の中でエンターキーをバチバチ叩いてる人はこのスマートなショートカットキーを知らないんだな…と生暖かく見守ってあげましょう。

エンターは改行の時以外使う必要はありません。

Ctrl+K: カーソルを左に移動

Ctrl+L: カーソルを右に移動

タイピングに慣れていれば日本語入力中にカーソルキーを使う機会はそれほど多くないですが、それでも絶望的に遠いカーソルキーに手を伸ばすよりは遥かに効率的です。

Ctrl+N: 文節を確定して次の文節に

こまめに変換する人はあまり使わないとは思いますが、一応覚えておくといいかもしれません。

Ctrl+A 最初の文字に移動

Ctrl+S 一文字後ろに移動

Ctrl+D 一文字前に移動

CTrl+F 最後の文字に移動

昔流行った『ダイヤモンドカーソル』と言う移動方法です。

こちらも利用頻度は低いですが、余裕があれば覚えておきましょう。

パソコンスピード認定試験で威力を発揮

タイピング入力ソフトと違ってパソコンスピード認定試験は文字の変換が必要なので、上記ショートカットキーを覚えることでかなり速度を向上できます。

ある程度タイピングに慣れた人であれば、少なくとも1級までは苦もなく到達できるでしょう。

AZIK ローマ字テーブル

試験では使えませんが、AZIK配列と言うより効率的なキーボード入力を覚えるとタイピング速度はさらに早くなります。

打鍵数を減らせる日本語入力方式AZIK

例えば上記の文章をAZIKで打つと以下のようになります。

↑この文章を通常ローマ字入力とAZIKで比較しましょう。

通常ローマ字入力

  • tatoebajoukinobunshouwoAZIKdeututoikanoyouninarimasu.

AZIK

  • tatoebajpkinobjxpwoAZIKdeututoikanoypninarims.

53打鍵→46打鍵になりました。

AZIKは文章の打鍵数を約2割減らすと言われており、当然内容によってはそれ以上も目指せます。

文章の入力効率を追求したい人はチャレンジしてみましょう。

打鍵数を減らせる日本語入力方式AZIK

関連記事