パソコンとスマホで同じデータが使えるパスワード管理ソフトKeePass

関連記事

クロスプラットフォームのパスワード管理ソフトKeePass

今だに二段階認証を導入していないサイトも多いので(楽天とか)、パスワードは全てのサイトで別々かつ16文字以上の英数小文字を含むものが望ましいです。

とは言ってもそんなに大量のパスワードを記憶するのは無理なので、マスターパスワード一つで複数のパスワードを管理できるパスワード管理ツールの導入が望ましいでしょう。

特にこだわりがなければオープンソースかつパソコンでもスマホでも同じデータベースが利用可能なKeePassを導入るのがおすすめ。

WindowsはもちろんMac、Linux、iOS、Androidとあらゆる環境で使うことができ、自動入力機能も充実しています。

この記事ではKeePassの使い方を簡潔に解説します。

ダウンロード&インストール

https://keepass.info/download.html

上記ダウンロードページからダウンロード。

KeePassは設定をレジストリに書き込まないのでPortable版のZipでいいでしょう。

バージョンは2.xx系列の方が新しいです。

よほどパソコンの性能が低くない限り2系列を使いましょう。

KeePass インストール 01

KeePass インストール 02

KeePass インストール 03

ZIPをダウンロードしたら右クリックして『すべて展開』をクリックします。

解凍ソフトを別途インストールしている人はそちらで解凍してください。

KeePass インストール 04

日本語化

https://keepass.info/translations.html

KeePass 日本語化 01

上記ページから『Japanese』の横のバージョンごとの言語ファイルをダウンロードします。

KeePass 日本語化 02

ダウンロードしたファイルを解凍するとJapanese.lngxと言うファイルが出てくるので、KeePass本体のあるフォルダーの下のLanguagesフォルダの下にコピーします。

 KeePass 日本語化 03

KeePassを起動後、メニューの『View』から『Change Language…』をクリック。

KeePass 日本語化 04

『Japanese(日本語)』をクリックして再起動すると日本語化されます。

基本的な使い方

KeePass 使い方 01

『ファイル』→『新規』をクリック後、OKを押してデータベースを作成します。

 KeePass 使い方 02

名前はなんでも構いませんが、英語の方が無難ですね。

KeePass 使い方 03

『保存』をクリックするとマスターパスワードを聞かれますが、これは自分が覚えられる範囲で可能な限り長い文字列を設定しましょう。

マスターパスワードを設定後『OK』を押すとデータベースの設定画面になりますが、とりあえずそのままでいいので再度『OK』をクリックします。

緊急用シートの印刷に関してはプリンターがあれば印刷してもいいですがプリンターがなければ『スキップ』で。

初期状態のデータベースが作成されました。

KeePass 使い方 05

グループは右クリックから任意に追加でき、いつでも削除できます。

グループへのエントリーの追加は右クリックから『エントリーの追加』。

KeePass 使い方 06

エントリーを追加した時点でランダムなパスワードが自動で生成されますが、パスワードウィザードから作り直すことも可能。

基本的にすべての項目は任意入力ですが、タイトル、ユーザ名(メールアドレス)、パスワード、URLを入力しておくとこの後説明する自動入力が可能になります。

エントリーを追加したあとは『ファイル』から『保存』を実行しないと保存がされないことに注意してください。

KeePass 使い方 07

エントリーで設定したサイトなどを開いた状態で『右クリック』→『自動入力の実行』をクリックすると

ユーザー名→TABキー→パスワード→ENTER

と言う操作が実行されて自動でログインできます。

以上がKeePassの基本的な使い方になります。

自動入力

KeePassはウインドウタイトルを登録することで右クリックをしなくても自動入力を実行できます。

パスワード入力URLまたは画面を開いた状態でエントリーの編集から『自動入力』タブをクリックし、『追加』をクリック。

Chromeで開いている画面のタイトルをクリック。

初期設定では自動入力のショートカットキーはCtrl+Alt+Aになっているので、以降は楽天市場のログイン画面を開いてCtrl+Alt+Aを押せば自動入力が実行されます。

KeePass 自動入力 02

タイトルにはワイルドカード(部分一致)が使えるので、実際には楽天市場なら『*楽天*』のように登録しておくと、ページタイトルが変更されたときや他のブラウザでも対応できます。

KeePass 自動入力 03

ユーザー名→TABキー→パスワード→ENTERでうまく入力できない場合は『標準のシーケンスを上書き』をクリックすることでカスタムキーストロークを変更できます。

例えばGoogleやYahoo! JAPANのログイン画面は遷移せずに一画面で入力するので、以下のようにDELAYで待ち時間を入れるとうまくいきます。

  • {UserName}{ENTER}{DELAY 2000}{PASSWORD}{ENTER}

応用

フィールドの追加

KeePass 応用 01

ユーザー名とパスワード以外にも自動入力したいフィールドがある場合は、エントリーの編集→『高度』→『追加』から任意の名前と値のフィールドを追加できます。

KeePass 応用 02

追加したフィールドは右クリックメニューの『文字列をコピー』から選べるようになるほか、カスタムキーストロークにも使えます。

KeePass 応用 03

カスタムキーストロークへの追加は『カスタムフィールド』からワンクリックで追加可能。

名前は{s:[キーの名前]}と言う形式になります。

自動入力キーの変更

KeePass 応用 04

デフォルトのCtrl+Alt+Aと言う自動入力キーは『ツール』→『オプション』→『統合』から任意のショートカットキーに変更できます。

他のアプリケーションと被りづらく、KeePassから連想しやすくてそこそこ押しやすいので、管理人は『Shift+Ctrl+K』に設定しています。

データベースはGoogle Driveなどにバックアップしておく

データベースファイルを損失すると修復不可能レベルの時間的損害を受けるので、Google DriveやOneDriveなどのオンラインストレージにアップロードしておくことをおすすめします。

オンラインストレージ上でDBを同期する場合、Google Driveは設定が非常に面倒なのでOneDrive用のプラグインを導入するのがおすすめ。

KeePassのデータをパソコン間でOneDriveを使って同期する | 新・かみひろぐ

Google DriveはGoogle Developers Consoleでアプリとして登録したり認証を追加したりが必要なので、プログラマーレベルの知識がないとかなりしんどいと思います。

Androidアプリ版は自動入力が可能

Androidは標準でGoogleアカウントによるパスワード管理と自動入力が可能ですが、KeePassに自動入力させることも可能です。

Android 自動入力サービス変更 01

Android 自動入力サービス変更 02

設定の自動入力サービスをGoogleからKeepass2Androidに変更して準備完了。

KeePass アプリ 自動入力 01

アプリのパスワード入力フィールド長押しから『Keepass2Androidで入力』が選べるようになります。

ただし、WEB用に作ったエントリーでは最初は自動入力できないことがほとんどでしょう。

KeePass アプリ 自動入力 02

『検索結果がありません』と表示されたら『別のエントリーを選択』をタップ。

KeePass アプリ 自動入力 03

目当てのエントリーをタップすることで、アプリ識別用の設定を保存することができます。

これで次回以降はWEB画面のように普通に自動入力が可能になるので、スマートフォンの機種変更がだいぶ楽に。

Googleアカウントにパスワードを記憶させてもいいのですが、KeePassの方が使いまわしが効くのでおすすめですね。

関連記事