Google 日本語入力アプリの後継/機能強化版のGboard

関連記事

2017年のアップデートで日本語入力に対応したGboardは、実質的にGoogle 日本語入力の後継版として位置づけられるアプリです。

Swift KeyのFlow入力と同じように、キーボードをなぞることで入力できる『グライド入力』など、Google 日本語入力にない機能が追加されています。

多言語対応でデフォルトでは日本語入力に対応していませんが、設定から簡単に追加可能。

この記事では日本語入力の追加方法や設定項目を解説していきます。

ダウンロード

設定メニュー

Gboard 設定 01

Gboard 設定 02

アプリアイコンをタップするか、Gboardの左上のGoogleアイコンをタップ後、歯車アイコンをタップして設定画面を表示できます。

Gboard 設定 03

各種設定項目はSwift Keyよりも分かりやすい日本語表記になっています。

日本語入力の追加

Gboard 日本語入力追加 01

設定画面から『言語』をタップ後『キーボードを追加』をタップ。

Gboard 日本語入力追加 02

続いて『言語の候補』に日本語が表示されるのでタップします。

Gboard 日本語入力追加 03

Gboard 日本語入力追加 04

『12キー』『QWERTY』『Godan』など入力形式を選んで『完了』をタップすると日本語入力が追加されます。

Godan入力は慣れてしまえばスマホ用の入力手段としては最速な気がしますが、なかなか馴染むのに時間がかかりますね。

単語リスト(ユーザー辞書)の追加・インポート/エクスポート

Gboard 単語リスト追加 01

Google日本語入力のユーザー辞書に相当する機能は設定画面の『単語リスト』になります。

Gboard 単語リスト追加 02

Gboard 単語リスト追加 03

『単語リスト』→『日本語』をタップすると任意の単語を追加できます。

現在は右上のアイコンから辞書のインポートとエクスポートもできるようになりました。

そもそもGoogle製のアプリなのでAndroidのバックアップ機能で辞書や設定の引き継ぎができるようにしてほしいところではありますが、単語リストが増えてきたら故障などに備えてエクスポートしておきましょう。

URLの共有機能

Gboard URL共有 01

Googleアイコンをタップすると出てくる検索窓は検索結果を簡単にシェアするためのものです。

Gboard URL共有 02

例えば『天気』と検索して出てきた結果をタップするとタイトルとURLが入力されます。

URLをシェアする時に検索結果からシェアすることはほとんどないのであまり必要ないと思う機能の一つ。

Googleボタンメニューのカスタマイズ

Gboard メニュー カスタマイズ 01

Googleボタンをタップして表示されるメニューはSwift Keyと同じように『…』からカスタマイズ可能。

Gboard メニュー カスタマイズ 02

スワイプで順番を入れ替えられますが、Swift Keyと違ってオンオフ設定や直感的な並べ替えはできません。

Gboard クリップボード管理 01

Swift Keyに遅れてクリップボード管理機能が追加されましたが、大抵の場合はこの機能が一番よく使うのではないでしょうか。

長押しすることで『削除』『ピン留め』などのメニューをポップアップできて、使い勝手は良好。

今後はGboardが主流になる?

GboardはGoogle 日本語入力のほぼ全ての機能を持ち合わせており、英語入力に関しては新機能が追加されています。

Gboardの方が単語ポップアップのレスポンスが良い、と言う意見も見られるので、Google 日本語入力派の人はGboardに移行しておいた方がいいかもしれません。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL