Suicaより不便なPASMOのオートチャージはTo Meカードがベストか

関連記事

Suicaに比べてほとんどあらゆる面で劣っているPASMOですが、通勤圏内がPASMOエリアの場合は諦めて使うしかありません。

PASMOと連携してオートチャージ設定ができるクレジットカードは、Suica用の同タイプのクレジットカードに比べて様々な点で劣ります。

PASMO連携型クレジットカードのデメリット

Suicaに比べてオートチャージ設定が面倒

PASMOにオートチャージ設定をする場合は必ず郵送で届け出を出す必要があります。

その後も必ず駅構内に一度足を運ばなければならず、オートチャージ設定を変更するのにも駅構内での設定が不可欠です。

ネットで完結するSuicaとは雲泥の差で、概ね1ヶ月近くの期間を要します。

Suicaよりポイント還元率が低い

Suica対応クレジットカードの代名詞であるビューカードの系列は、チャージで1.5%のJREポイントが貯まります。

対してPASMO対応クレジットカードは多くの場合0.5%しかポイントが貯まりません。

有料のものでようやく1%いくかどうかです。

オートチャージ以外の利用ポイントは五分だが結局どちらも使わない

利用ポイントで比較すると、JREポイントは加盟店以外での利用ではポイントが貯まりませんが、PASMO対応クレジットカードはどこで利用しても0.5%程度のポイントが貯まる場合が多いです。

まあ結論から言うとどちらもショッピング用としては非力なので、交通機関以外ではKyashリアルカードリクルートカードアンドロメダカードを紐づけて使った方がいいのですが。

さらにJREポイント加盟店でSuicaを使った場合はSuicaの還元率は2.5%になるので結局優位点にはならないのが残念なところです。

Apple Pay、おサイフケータイ、Google Pay非対応

Suicaが全て対応しているのに対してこれではお話になりません。

PASMO対応クレジットカードで比較的マシなのはTo Meカード

To Me カード

To Meカードは無料版、年間2,000円のPrimeともにチャージで貯まるポイントは0.5%。

定期券外の区間で東京メトロの駅改札を利用することにより付与される『メトロポイントPlus』が特色で、Primeだと平日の1回乗車に付き10ポイントが付与されます。

勤め先が東京メトロ圏内の人は、Primeを申し込んだ上であえて定期券の設定をせず、チャージしながら定期券外区間のメトロポイントの付与を受けた方が割安になる場合があります。

メトロポイントPlusをPasmoへチャージするには券売機での手続きが必要ですが、500ポイント以上貯めればWEB上で楽天ポイントやnanacoポイントに交換することも可能です。

名前が紛らわしいメトロポイントクラブ(メトポ)と併用して同じPASMOに紐付けることも可能。

東急・小田急など各私鉄特化型のものも選択肢に

小田急の場合は年に1回の使用で年会費が無料になるOPクレジット、東急の場合は2年目以降年会費1,000円のTOKYU CARD ClubQ JMBなども選択肢に入ります。

特にTOKYU CARDは有料ではあるものの、オートチャージのポイントが1%と、PASMO対応クレジットカードでは最強クラスです。

あくまでPASMO対応クレジットカードの枠の中での話なので、SuicaのViewカード系列には及びませんが。

PASMOはToKoPo(トコポ)も付与できる

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/tokopo/

都営交通も定期区間外の利用でポイントが貯まります。

貯めたポイントをチャージするのに実体カードと券売機が必須、とあまりいい仕様ではありませんが、一応はPASMOの特権です。

やはり最初は郵送が必要なので面倒ですが、PASMOの数少ないメリットなので活用しておきたいところ。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL