電子マネーのチャージに強いリクルートカードは実質還元率1.8%以上

関連記事

P-one Wizに匹敵する性能を持つリクルートカードのメリットを解説します。

還元率の高さと、月の合計金額に対してポイントが付与される計算式がメリット

1.2%と言う高い還元率をリクルートポイントで受け取れる事と、会計ごとではなく月のトータル金額に対してポイントが付与されるので効率がいい事が最大の魅力です。

例えば70円の支払いを3回行うと100円毎にポイントが付与されるカードではポイントが発生しませんが、リクルートカードでは210円分のポイントが発生します。

リクルートポイントはリクルートのWEBサイトからPontaポイントに即時交換出来るので、Loppiの交換券が使えます。

実質的な還元率は少なく見積もっても1.5倍の1.8%以上と言ってもいいでしょう。

ホットペッパービューティー経由での美容室の支払いなどにもリクルートポイントが使えるのでLoppiにほしいものがない場合でも使い道には困りません。

リクルートカードを発行する

電子マネーチャージに強い

楽天Edy

楽天カード付属のEdyは楽天カードでしかチャージ出来ませんが、おさいふケータイ版Edyを使う場合や、Edy機能のみのカードをパソリやNFC搭載のスマートフォンでチャージする場合などはリクルートカードが使えます。

現実的にはおさいふケータイが一番使用頻度が高いと思いますが、おさいふケータイのEdyだと200円ごとに発生する利用ポイントもPontaポイントで受け取れるため、楽天カード付属のEdyよりもおさいふケータイEdyの方が還元率が高くなります。

楽天カード(楽天ポイント)

  • チャージ→0.5%
  • 利用→0.5%

リクルートカード(リクルートポイント)

  • チャージ→1.2%
  • 利用→0.5%

楽天カードはほぼ毎月『楽天カード付属Edyに限りオートチャージ時のポイント3倍』、『Everyday Edy』(1日1回Edy利用で3~5Pt)などのキャンペーンを行っていますが、毎月エントリーが必要なことと、Loppiの存在を考えるとおさいふケータイのEdyとリクルートカードの組み合わせの方が使い勝手がいいでしょう。

リクルートカードを発行する

nanaco

nanacoへのチャージでもリクルートポイントの獲得が可能です。

2018年4月16日の改悪により月3万円の上限が設けられました。

nanacoはセブンイレブンの店頭で使えば切手や封筒、郵便物支払いやプリンターの代金など本来現金でしか払えないものを支払う事ができます。

リクルートカードでチャージした場合、支払い時のポイントは発生しませんが単純にチャージ時にもらえる1.2%の分だけお得に。

nanacoとリクルートカードの組み合わせは通常はポイントが発生しない支払いでポイントがもらえるようになるのでかなりおすすめ。

クレジットカードからのチャージの場合は最低チャージ金額が5,000円と少し高めなのは難点ですが、明確なメリットがあると言う点でnanacoは強いですね。

リクルートカードを発行する

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL