電子マネーのチャージに強いリクルートカードは実質還元率1.8%以上

関連記事

P-one Wizに匹敵する性能を持つリクルートカードのメリットを解説します。

還元率の高さと、月の合計金額に対してポイントが付与される計算式がメリット

1.2%と言う高い還元率をリクルートポイントで受け取れる事と、会計ごとではなく月のトータル金額に対してポイントが付与されるので効率がいい事が最大の魅力です。

例えば70円の支払いを3回行うと100円毎にポイントが付与されるカードではポイントが発生しませんが、リクルートカードでは210円分のポイントが発生します。

リクルートポイントはリクルートのWEBサイトからPontaポイントに即時交換出来るので、Loppiの交換券が使えます。

実質的な還元率は少なく見積もっても1.5倍の1.8%以上と言ってもいいでしょう。

ホットペッパービューティー経由での美容室の支払いなどにもリクルートポイントが使えるのでLoppiにほしいものがない場合でも使い道には困りません。

リクルートカードを発行する

電子マネーチャージに強い

楽天Edy

楽天カード付属のEdyは楽天カードでしかチャージ出来ませんが、おさいふケータイ版Edyを使う場合や、Edy機能のみのカードをパソリやNFC搭載のスマートフォンでチャージする場合などはリクルートカードが使えます。

現実的にはおさいふケータイが一番使用頻度が高いと思いますが、おさいふケータイのEdyだと200円ごとに発生する利用ポイントもPontaポイントで受け取れるため、楽天カード付属のEdyよりもおさいふケータイEdyの方が還元率が高くなります。

楽天カード(楽天ポイント)

  • チャージ→0.5%
  • 利用→0.5%

リクルートカード(リクルートポイント)

  • チャージ→1.2%
  • 利用→0.5%

楽天カードはほぼ毎月『楽天カード付属Edyに限りオートチャージ時のポイント3倍』、『Everyday Edy』(1日1回Edy利用で3~5Pt)などのキャンペーンを行っていますが、毎月エントリーが必要なことと、Loppiの存在を考えるとおさいふケータイのEdyとリクルートカードの組み合わせの方が使い勝手がいいでしょう。

リクルートカードを発行する

nanaco

nanacoへのチャージでもリクルートポイントの獲得が可能です。

2018年4月16日の改悪により月3万円の上限が設けられました。

nanacoはセブンイレブンの店頭で使えば切手や封筒、郵便物支払いやプリンターの代金など本来現金でしか払えないものを支払う事ができます。

リクルートカードでチャージした場合、支払い時のポイントは発生しませんが単純にチャージ時にもらえる1.2%の分だけお得に。

nanacoとリクルートカードの組み合わせは通常はポイントが発生しない支払いでポイントがもらえるようになるのでかなりおすすめ。

クレジットカードからのチャージの場合は最低チャージ金額が5,000円と少し高めなのは難点ですが、明確なメリットがあると言う点でnanacoは強いですね。

リクルートカードを発行する

2018年4月から電子マネーチャージが改悪

https://recruit-card.jp/info/20180316/
いずれ来るとは思っていましたが、2018年4月16日からリクルートカードの電子マネーチャージが改悪されました。

ポイント還元率には変更がなく、ポイント付与の上限が3万円に

  • 電子マネーチャージでポイントが付く上限が毎月3万円までに
  • 上限金額は全ての電子マネーを合算した額

1.2%と言う高還元率が下がらなくて良かったと言うのが正直なところですが、nanacoで税金払いをしている人にとっては手痛い改悪です。

電子マネーへのチャージをリクルートカードに一極化していた人にとっても、この上限額は物足りないと感じるかも知れません。

対策

リクルートカード2枚持ち

リクルートカードはJCB/Visa/Masterの全てでnanacoチャージが可能です。

VisaとMaserは発行会社が同じなのでどちらかしか発行できませんが、JCBブランドとVisa/Masterの2枚持ちは可能なので、最大で月6万円まではチャージ可能になります。

他のポイントカードとの併用

ローソンやマツモトキヨシではdカード付属iDの方が還元率が高いのでこちらを使いましょう。

また、楽天Edyのチャージにおいても、楽天カードを差し置いてリクルートカードが最強でしたが、今後は楽天Edyのポイントアップキャンペーンにエントリーした上で楽天カードも併用していく工夫が必要かもしれません。

少額決済ではリクルートカードをそのまま使う

リクルートカードから楽天edyにチャージして使う場合、楽天edyの会計200円ごとのポイント付与も受け取らないと旨味がありません。
リクルートカードは月の合計額に対してポイントが付与されるので、200円未満の少額会計ではリクルートカードを直接使った方が得で、チャージ枠を圧迫しないで済みます。

毎月限度額までチャージをする

リクルートカードからnanacoにチャージして税金払いをしている人は、税金の支払いまでに可能な限りリクルートカードでチャージをしておくと言う方法が考えられます。
不足分が出た場合はYahoo! JAPANカード(還元率0.5%)を使用するのが無難。

リクルートカードの高評価には変わりなし

月の合計金額から1.2%のリクルートポイントが発生し、さらにリクルートポイントはPontaポイントと等価交換が出来るので、ロッピーの交換券が使えます。

ロッピーとの併用で実質的な還元率は少なくとも1.8%以上となり、今回の改悪を差し引いてもトップクラスのクレジットカードであることに変わりはありません。

無料のクレジットカードは以下のJACCSのカードとリクルートカードの2トップと考えて問題ないでしょう。

還元率1.25%のREXカード/リーダーズカード

関連記事