Amazon Primeの最大の魅力が容量無制限のAmazon Driveだと思う理由

関連記事

あまりAmazonで買い物をしないのにPrime会員を継続している自分ですが、最大の利用目的は容量無制限で画像が保存できるAmazon Driveです。

少し前まではパソコン版もアプリ版もかなり使い勝手が悪かったのですが、徐々に改善されてきました。

画像であれば容量無制限に保存可能

『Google フォト』も品質をGoogleにお任せさえすれば容量無制限で画像を保存できますが、『Google フォト』と間違えて『Google Drive』に画像を保存すると容量を圧迫します。

どの画像がどちらに保存されているのか判別が難しく、間違えてGoogle Driveに画像をアップロードしてしまった時の対処が非常に面倒なので使うのをやめました。

特に最近のスマホのカメラは高解像度なので、ファイルサイズを気にせずにガンガン保存できるAmazon Driveの方がストレスフリーですね。

フォルダ管理したい人はAmazon Drive、自動で管理したい人はプライムフォト

Google DriveとGoogle フォトの関係性に似ていますが、同じスペースを利用した2つのサービスがあって紛らわしい。

Amazon Driveにアップロードした画像はプライムフォトでも閲覧できます。

プライムフォトは場所や人物によって自動でタグが分類されるほか、『アルバム』と言う管理形式も選択できます。

個人的には画像の分類や設置場所はすべて自分で管理したいのでDriveの方を使っていますが、プライムフォトはスマホの画像を自動でアップロードできる機能があるので、画像の管理が面倒な人には向いていると思います。

ちなみに人物の認識機能はまだGoogleには遠く及ばず、髪型や服装が変わると同じ人物だと認識できなくなります。

iPhoneユーザーは特にiCloud以外のオンラインストレージに画像を保管しておくべき

iPhoneで機種変更をする時に大変苦労するのが『アルバム』内の画像データです。

Apple独自の仕様である『アルバム』アプリはパソコンやAndroidとは大変相性が悪く、有料の専用ソフトを使わないと満足にバックアップが取れません。

『アルバム』内のフォルダやアルバムの階層構造は、iOS以外ではフォルダとして認識されないのです。

「iCloudの有料プランを契約して画像管理は一生Appleに付き従う」と言う強固な意思があるなら何も言いませんが、iCloudのストレージは容量わずか50GBで月額130円からと言う価格設定。

どんなにひいき目に考えても容量無制限の画像倉庫『Amazon Drive』と動画見放題サービス『Primeビデオ』と書籍読み放題サービス『Prime Reading』と『Amazonの配送無料オプション』が月々408円(年間契約時)で使えるAmazon Primeの方が優秀ですよね。

Google Driveに比べてかなり貧弱だった『プライム・フォト』による画像の自動タグ整理機能もだいぶ強化されてきているので、早いうちにAmazon DriveやGoogle Driveに画像を保管しておくことをおすすめします。

もちろんAndroidユーザーの人も撮影した画像はオンラインストレージにこまめに移動しておいた方が容量確保・管理の一元化、スマートフォン故障時のリスク軽減とメリットが多いです。

パソコン版ソフトのダウンロード方法

Amazon Driveデスクトップ

Amazonの他の商品と同じように「Amazonの商品ページから0円で購入する」と言う分かりやすいようで分かりづらい仕様になっています。

ダウンロードしたらPrimeに契約済みのAmazonアカウントでログインしましょう。

パソコン版でのアップロード・同期の使い方

アップロード

Amazon Drive バックアップ 01

Amazon Drive バックアップ 02
ソフトを立ち上げるとすぐにバックアップ機能の対象フォルダの選択画面になります。

『フォルダーの選択』から任意のフォルダを選択し、Amazon Drive上の『バックアップ先』を選択してから『保存』をクリックでバックアップ開始。

少し分かりづらいのですが、Amazon Drive直下に同名のフォルダでバックアップを取りたい場合、バックアップ先は『Amazon Drive』とだけ表示された状態にします。

同期

Amazon Drive 同期 01

右上の歯車アイコンから『同期を有効にする』をチェックして再起動後、同期フォルダをAmazon Driveとローカルでそれぞれ選択して同期を開始します。

注意点はなぜかローカルのフォルダはCドライブからしか選べないこと。

シンボリックリンクを使えば実質的にC以外のドライブも使えますが、普通に選択できるようにしてほしいですね。

どの道同期機能は途中で止まったりしてあまり使い勝手がいいものではありません。

頻繁に画像ファイルを整理する、などの事情がない限りは『バックアップ』機能で十分でしょう。

アプリの使い勝手は可もなく不可もなく

Amazon Drive、プライムフォトともに、アプリの使い勝手は「ごく普通にアップロードと閲覧が可能」程度です。

ローカルにキャッシュするサイズやお気に入りフォルダの設定が可能なGoogle Drive、Google フォトのアプリと比べると見劣りするのは否めません。

「我慢ができない」レベルで使い勝手が悪いと感じる人もあまりいなそうですが、Prime会員ならこの程度の欠点には目をつぶりましょう。

容量無制限のメリットはもちろん、Amazonの今までのストレージサービスの実績から考えると、最も安全な画像の保管場所の筆頭であることは間違いありませんから。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL