買取価格比較サイト『ヒカカク』がクソな理由

関連記事

ヒカカクとは

ヒカカク

複数業者にまとめて不用品の買い取り見積もりを依頼できることをウリにしているサービスです。

シンプルにクソサービと言うか、とにかく業者の質が悪いので前置きはなしでシンプルに行きます。

ヒカカクのクソな点

たった2つの査定申し込みに対して見落としをする業者が多数

今回ヒカカクで家電の買取を申し込んだのですが、内訳は以下の通り。

  • 正直価格をつけるのが厳しそうなもの
  • どう考えても需要がある製品

この2つを同時に査定に申し込んだところ、まとめて買取不可とする業者が非常に多かったです。

1つ目の商品しか視認できていないんじゃないでしょうか。

買取価格の異常な安さ

同時に申し込んだ商品のうち、需要が見込まれる製品に関しては、ヒカカク外の業者で4,000円の値段が付きました。

一方でヒカカクの業者は全ての業者がこの半分の価格にも及ばず、ほとんど500円前後と言う結果に。

ヒカカクに登録している業者が談合して足元を見ることで手数料をペイしているのではないかと疑ってしまいました。

圧倒的マイペース業者の存在

驚いたことに申込みから2週間以上経過してから『買取不可』と言う見積もりを出してくる業者も。

さぞかし大人気でスタッフの作業が追いつかないのでしょうね。

時間のムダなので使わない方がいい

査定自体はタダなので地元のリサイクルセンターなどの見積もりに納得できなければ使ってもいいとは思いますが、家電製品以外ではほぼ使い道がないのにこの見積もりでは時間のムダとしか言いようがありません。

なぜ家電製品以外の使い道がないかと言うと、基本的に家電以外のジャンルでは安定して買い取りが強い企業やショップが存在するのでそちらを当たるのが確実なためです。

釣具買取専門店ウェイブは単独の記事にはしていませんが、買い取り価格で他店を寄せ付けない超優良業者なので、リールやロッド、クーラーボックスなどの釣具を売りたい時はおすすめ。

これらのサービスでも納得できない場合はメルカリに出した方がいいでしょう。

関連記事