寒い冬に部屋の気温を保って節約するためのおすすめアイテム

関連記事

住居の建築材にもよりますが、冬場の部屋の体感温度は一工夫入れることによって大幅に改善できる場合があります。

ここではエアコンの暖房設定20度で快適に過ごすために購入したアイテムを紹介していきます。

遮熱・遮光カーテン

ニトリ 遮光1級・遮熱・遮音カーテン フェズリ

「ニトリ 遮熱 カーテン」の検索結果

要するに外気から室温が受ける影響を少なくするためのものなので、夏場はもちろん冬場も役に立ちます。

ニトリのものでもカーテンの内側と外側で明らかに温度の違いを体感できる程度には効果があるので、カーテンは極力遮熱効果の記載があるものを選んだ方がいいでしょう。

窓ガラスの結露防止シート

ワタナベ工業 省エネシート

ワタナベ工業 省エネシート

水滴の付着を防いでくれるだけでなく、単純に断熱材としても効果があります。

遮熱カーテンとセットで使うことで、窓際の冷えを効果的に防いでくれます。

ニトリ 冷気ストップボード 30cm

ニトリ 冷気ストップボード 30c

実売価格400円程度で30cm四方のボードが7枚入っていると言うコストパフォーマンスが魅力の商品。

作りはチャチで吸盤も2個しか入っていませんが、適当にハサミでカットして窓際に置いておけばいい働きをしてくれます。

ニトリ 冷気ストップボード

ニトリ 温度調整掛け布団・敷布団・ベッドパッド

ニトリ 温度調整掛け布団

「ニトリ 温度調整」の検索結果

さすがに冬場は掛け布団だけでは力不足ですが、電気毛布などと組み合わせれば寝る時はエアコンなしでも十分な暖かさを得られます。

冬場しか役に立たない羽毛布団などで部屋の収納スペースを圧迫するよりは、コンパクトかつ万能な温度調整掛け布団をおすすめします。

電気毛布・電気あんか

パナソニック 電気あんか

「パナソニック 電気あんか」の検索結果

就寝時など局所的に暖がとれれば十分な時や、エアコンの温度設定を下げて併用したい時に活躍します。

電気代はあしたでんきやスマ電使用時に強設定で1時間あたり0.2円未満なので、ほとんど気にしなくてもいいレベル。

本体自体も安価で場所を取らないので、シーズンものですが押さえておきたいアイテムです。

関連記事

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL