Yahoo! JAPANカードは入会特典とPayPayチャージが魅力だが、広告主は言論統制をするクソ企業

関連記事

入会特典は豪華

クレジットカードの発行でTポイントが3,000ポイント、発行後1度でもカードを利用すればさらに5,000ポイントがもらえるYahoo! JAPANカード

入会特典は豪華で年会費も無料なので、発行して特典だけはもらう価値はあります。

逆にポイント還元率は1%のみで会計毎の集計なので、年会費無料とは言えYahoo!以外で使うカードとしては魅力が全くありませんでしたが、

PayPay残高に唯一チャージできるカードとして利用価値がでてきました。

逆にYahoo! JAPANのサービスを使わない人は今すぐJACCSの日本盲導犬協会カードREXカードリクルートカードに乗り換えた方がいいでしょう。

JCBブランドのnanacoへのチャージポイントが改悪

JCBブランドで発行した場合、nanacoへのチャージで1%のポイント還元が受けられたのですが、0.5%に改悪されました。

元々リクルートカードでのnanacoチャージ時の還元率1.2%に比べるとメリットがなかったのですが、リクルートカードのnanacoチャージも上限額が設けられて改悪されたので、nanacoチャージ時のサブカードとしての利用価値が出てきました。

改悪の相乗効果によるものと言う、あまり前向きな付加価値ではないのが残念です。

Yahoo!ショッピングの還元率がP-one Wizに負けていたが改善された

Yahoo!ショッピング – ポケットモール

ポケットモール経由でP-one Wizで購入すると、1,000円につきTポイントが12ポイント、ポケットポイント(Tポイントへの交換で5倍)が4ポイント加算してもらえます。

P-one Wizの基本スペックである1%オフ+Tポイント0.5%と合わせると、4.7%となります。

Yahoo! JAPANカードはキャンペーン時以外はP-one WizにYahoo!ショッピングで発生するポイントで負けていると言う現象が発生していましたが、

PayPay残高支払いで5%の還元率が発生するうようになったので、Yahoo!ショッピングとの相性が最も良いカードに返り咲きました。

Lohacoの還元率はP-one Wizに負けている

こちらもポケットモール経由でP-one Wizはポケットポイントが6ポイント、Tポイント18ポイントが追加でもらえて実質6.3%なのに対して、Yahoo! JAPANカードは平常時3%。

T-MALLを経由しても4%に過ぎません。

Lohacoで貯まるポイントは所詮Tポイントなので、Loppiの交換機で多大な恩恵が受けられるPontaポイントが貯まるポンパレモールに比べると魅力が少ない気がします。

PayPayにチャージできる唯一のクレジットカード

事前にチャージしてプリペイド式としても使えるPayPayですが、現時点では残高へのチャージに使えるカードはYahoo! JAPANカードのみです。

PayPayはチャージをしなくても残高が足りなくなると事前に登録したクレジットカードから自動で引き落としをするポストペイ型としても使えますが、残高へのチャージができると嬉しいポイントは以下。

  • PayPayでの割り勘はPayPay残高が必要なので、Yahoo! カードを利用してチャージするとポイントが発生する分有利
  • Yahoo!ショッピングはPayPay残高支払い時に5%のポイントが発生する

入会特典は貰っておきましょう。nanacoをよく使う人も押さえとしてはアリ

Yahoo!ショッピングのポイント5倍時などの特段の理由がない限り、普段使いのカードとしては貧弱極まりないYahoo! JAPANカードですが、ノーリスクで8,000ポイントは非常に大きいので、とりあえず発行する価値はあります。

nanacoで税金を支払う場合など、大量のチャージが必要になる場合のサブカードとしても使えるので、nanacoのヘビーユーザーの人も押さえの1枚としてはなしではないかも知れません。

期間限定ポイントの使い道はGYAO!がオススメ

Yahoo! JAPANカードはたまにYahoo!グループ限定のTポイントが付与されます。

実店舗では使えず、Yahooグループの中で使うしかない上に大したポイントではないと言う何とも微妙な特典ですが、使い道としてオススメなのがGYAO!の有料コンテンツです。

Yahoo! ショッピングでムリヤリ欲しいものを探すくらいなら観たい新作映画を探した方が有意義だと思います。

Yahoo! JAPANカードは批判的な記事を書くとアフィリエイト提携を解除される

あまりYahoo! JAPANカードにいいことを書かなかったためか、広告の提携を解除されました。

さすがにいいことしか書かないようなブログにしか広告を掲載させないと言うのは言論統制と言われても仕方がありません。

他のブログでYahoo! JAPANカードに関する記事を見る時はかなり割り引いて考えた方がいいですね。

関連記事